おまとめローン」とは、複数の借入れを一本化(1つの金融機関だけにまとめる)することを指します。多数の銀行・消費者金融がこのおまとめローンサービスを提供しており、その内容も様々です。まずは、下記のサービスを比較してみてください。

<人気のおまとめローン比較>

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン
金利:1.9%~14.6%
借入期間:1年ごとに契約更新
年齢制限:20歳以上、69歳以下
その他オススメポイント:東京・神奈川・群馬(一部)に居住、お勤めの方ならパート・アルバイトでもOK


300万円以下の借入なら収入証明書不要なので申し込みの時の手間が1つ省けて嬉しい!申し込み条件に住んでる地域が限定されているのは珍しいですが、その代わり、「下限金利」は業界でもトップクラスの1.9%です!

オリックス銀行カードローン

金利:3.0%~17.8%
借入期間:1年ごとに契約更新
年齢制限:20歳以上、65歳以下
その他オススメポイント:300万円以下の融資は所得証明書不要


オリックス銀行カードローンの最低金利3.0%、最高融資額800万円という部分は、他のおまとめローンと比べると頭一つ飛び抜けてしまうハイレベルなスペックです。借入総額が多い人にはオススメです!金額によっては、契約後最短で即日融資も可能です。

プロミス

プロミスの詳細ページへ

金利:4.5%~17.8%
借入期間:最終借入後原則最長6年9ヶ月・1~80回
年齢制限:20歳以上、69歳以下
その他オススメポイント:主婦・学生OK(安定収入がある方のみ)


スペシャリストよりゼネラリストの時代。全てにおいてバランスの良いプロミス。融資条件の中で「主婦・学生OK」と明言している珍しい消費者金融でもあります。金おまとめローンを希望する場合は、フリーキャッシングへ申込み後に手続きを行いましょう。利も引き下げられてより借りやすくなったプロミスへどうぞ!

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン
金利:4.0~14.5%
借り入れ期間:5年毎の自動更新
年齢制限:満20歳以上満65歳以下
その他オススメポイント:審査は最短30分で完了!


三井住友銀行くらい大きなメガバンクのカードローンならば利用するのも安心、という方も多いのではないでしょうか。三井住友銀行カードローンは、低金利で借り入れられるだけでなく、提携ATMの数が多いので、手数料無料で借り入れることができるATMの数が多いのも大きな特徴です!

モビット

モビット

金利:3.0%~18.0%
借入期間:最長8年10ヵ月
年齢制限:20歳以上、69歳以下。
その他オススメポイント:書類レス審査&契約の元祖!


書類などが一切送られてこないWeb完結サービスを始めたモビットは、「契約とは書面上で交わすもの」という思いこみを打破しました!借金があることは誰にも内緒でいたいという方にオススメ。名称は「おまとめローン」ではありませんが、最高融資額800万円は使途自由なのでおまとめにも使えます!

アイフル

アイフル-234-60-20150305
金利:4.5~18.0%
借入期間:最長10年
年齢制限:20歳以上、69歳以下
その他オススメポイント:おまとめMAXなら一気に返済の負担を軽減!


独立系を貫いている消費者金融「アイフル」。
アイフルならおまとめローン専用の商品おまとめMAXが用意されているので、独立系の経営を貫くアイフルならではのノウハウでお得に借り入れを行うことができます。多岐に渡ってしまっている借り入れも、アイフルのおまとめMAXで一気にまとめてしまいましょう。

東京スター銀行

金利:5.8%~14.8%
借入期間:最長10年
年齢制限:20歳以上、65歳以下。
その他オススメポイント:総額1000万円まで!


おまとめローンの代表格とも言うべき東京スター銀行。CMでもよく流れているのでご存知の方も多いですよね。東京スター銀行のCMでおまとめローンの存在を知ったという人も多いのでは?最高融資額1000万円までという圧倒的な数字です!

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行の詳細ページへ

金利:4.0%~14.0%(※コンフォートプラン適用の場合)
借入期間:1年ごとに契約更新
年齢制限:20歳以上、66歳未満。
その他オススメポイント:限度額は1000万円


安心の大手都市銀の代名詞的存在のみずほ銀行で、長く安心なおまとめローン契約をどうぞ!大口融資も都銀ならではの1000万円までOK!また、みずほ銀行の口座とキャッシュカードを持っていれば、カード発行を待つ時間もなし
どこでもすぐに使える便利さが人気です。

ソニー銀行カードローン

 ソニー銀行カードローン

金利:2.5%~13.8%
借入期間:1年ごとに契約更新
年齢制限:20歳以上、65歳未満。
その他オススメポイント:業界最低水準の低金利


ネットバンクのソニー銀行は、4年ぶりにカードローンの新規受け付けを開始。新しい設定で生まれ変わったソニー銀行のカードローンは業界最低水準の2.5%~13.8%の低金利を実現しています。
もちろんインターネットからの申し込みで契約を完結することができ、限度額が800万円というゆとりある設定でおまとめローンとしての利用が可能です。

新生銀行カードローンレイク

新生銀行レイク-234-60-20150203
金利:4.5~18.0%
借入期間:最長5年
年齢制限:20歳以上、70歳以下
その他オススメポイント:銀行カードローンなので、総量規制対象外!


2011年より、新生銀行に経営を明け渡した消費者金融のレイクは、その分類が変わり銀行系カードローンとなりました。これにより借り入れに安心感が増しています。安定感のあるおまとめローンで、あなたの借り入状況を改善しましょう!

 


●おまとめローンについて調べていらっしゃる方は、以下のどれかに当てはまるのではないでしょうか?

・借金で首が回らない。
・返済に追われていて、自分の借金がどれくらい残っているか、いつまで払い続けなくてはいけないのか把握しきれていない。
・光熱費の支払いはいつも遅れてしまう。
・食費や光熱費、交通費など、生活を営む上で最低限のお金でさえ確保が困難。
073見えない籠に閉じ込められているような感覚、ありませんか?

管理人は、おまとめローンを使う前までは上記の全てに当てはまっていました。そしてこんな時期が何か月も続いていて、いつしか当たり前のようになってしまっていました。今でこそいわゆる「普通の生活」が出来るようになったので気づけたのですが、上記のような状態は、どれ一つとして「普通」ではありません。

190慣れは「落下」の道筋しか作ってくれません。

「結構当てはまってるな」と思った方は「黄色信号」かもしれません。


●借金に慣れるな!抗え!

上記で述べたとおり、昔の管理人はこれらの状態が自分にとっての普通だと思っていました。
そして、「これが普通」だと思っている内は、借金を抱えている毎日に対して「諦め」を抱いているのだと気付きました。
諦めてはいけません。抗いましょう。
自業自得だとしても抗いましょう。
借金があることに慣れてしまうことが一番怖いのです。
一度リセットしませんか? そのために必要なのがおまとめローンです!
おまとめローンについて調べている内はまだ間に合います。借金を背負うことに完全に慣れて「何とも思わない」ような状態になる前に戦いましょう!
026おまとめローンで抗う道を作りましょう。

おまとめローンを必要とするくらい借金してしまった理由は、十人十色で実に様々な理由や事情があるとは思いますが、最低限共通しているのは、「今現在、お金に振り回されている」という点だと思います。
まずはお金に振り回される人生がどれだけ虚しいかを一緒に考えてみませんか?


●お金の原価をご存知ですか?

お金の原価、つまりお札1枚を作るのにかかるお金がいくらかご存知ですか?
子供の時から大人になっても、どんな職業の人でも求めてやまない「1万円札」。
これを1枚作るのに必要な金額は28円です。
駄菓子レベルの金額です。
28円で作れるものに、皆必死になって働き、必死になって求めているのです。
こんなものに振り回される人生とはなんと虚しいものでしょうか。
illust3472thumb

おまとめローンで悪いお金と縁を切ろう

28円で作れる「1万円札」が「1万円」の価値を持っている理由は、人々が「これがあれば何でもできる」と信じているからです。ご飯を食べることも、物を買うことも、旅行に行くことも、結婚することも、子供を産んで育てることも、お金があれば出来ると、人間の誰もが信じているからこそ、あの28円の紙切れが「1万円」になるのです。
あの紙切れには、人々の様々な思いがくっついています。
だから「良いお金」と「悪いお金」が生まれ、借金を背負っている人には何故か悪いお金ばかりが寄ってきます
053巡ってくるお金の「質」を気にしたことありますか?
「悪いお金」に愛される人は、まるで滝壺に飲み込まれる葉っぱのように、流れに逆らうことも、飲み込まれてしまうことも抗えなくなっている人が多いのです。
そんな状態から抜け出すために、おまとめローンが大事なのです。


●おまとめローンで流れを変える

つまるところ、借金を返しやすくするにはどうすればよいでしょうか。
現状のままだと返そうにも返せないことはわかっていますから、何かしら返済がしやすくなるような変化を取り入れる必要があります。それがまさしくおまとめローンなのです。

おまとめローンで何が変わるのか

増えるお金一番わかりやすいのは「金利が低くなること」、またいくつかのキャッシング会社からお金を借りている場合は「借入先を1つにすることができて毎月の負担が軽くなる」といった変化を取り入れることができます。
直接借金が減るといったことはありませんが、低金利になることで利息が下がるので、将来的な返済総額を抑えることができます。毎月数千円から数万円の余裕ができることで、生活の幅も広がりますし、その効果は想像よりも大きいということは利用してみればすぐわかります。

おまとめは1社からでも可能

おまとめローンと聞くと、複数のキャッシングを利用していることが条件のように聞こえてしまいますが、実際は1社からでも利用することができます。
ではいくらからまとめた方が良いのかというと、これは利用する会社や個人によって変わります。だいたいの目安としては、やはり100万円前後で金利が大きく変わる会社が多いので、借入額が100万円を超えたら利息をグッと抑えることができます。しかし、おまとめローンは通常のキャッシングよりも低金利に設定されているため、仮に借入額が30万円ほどであったとしても利用すれば返済の手助けになることは間違いなしです。
また、金利の変化があまりなかったとしても、複数の借入なら1つにまとめて金額が明確になりますし、借りてから「あのキャッシング会社で借りたかった」ということがあっても実現することができます。


●通常よりも審査がやや難化するおまとめローン

人型 荷物を背負う通常のキャッシングを申し込むときの審査とは少し異なり、おまとめローンの審査はやや難しくなります。
低金利で高額のキャッシングを利用させてくれるわけですから、当然と言えば当然です。その他にも難しくなる原因があり、それは過去に利用したキャッシング情報です。返済を延滞させたことがあると、それだけで信用度は下がってしまうからです。

重視されるポイントも変わる

おまとめローンをする段階では、借入残高もチェックされますが意外と重視されているのが「件数」のほうです。
例えばの話、100万円のキャッシングをしているAさんとBさんがいるとしましょう。Aさんは○○銀行の1社のみから、Bさんは××銀行や△△消費者金融など4社からお金を借りているとすると、キャッシング業界で信用を得られるのはAさんのほうです。
なぜならば、Aさんは「○○銀行から100万円を借りることができるほどの信用を得ている」と判断されるからです。一方で、Bさんは「どのキャッシング会社からも20,30万円ほどしか借りることができないからあまり信用されていない」という認識になってしまうのです。

事前の下準備が効果的

上記のようなこともあり、おまとめローンに申し込む前は出来る限り下準備をしておく必要があります。
少額キャッシングをしていて完済できそうな会社があればしてしまう、あるいは限度額を増額できそうなところがあれば増額の審査を受けてみるといったことから始めると良いでしょう。

最新記事