アイフル「おまとめMAX」

金利 12.0%~15.0%
限度額 500万円
遅延損害金 20.0%
返済方式 元利均等返済方式
返済期間 最長10年
申込条件
  • 申し込み時の年齢が満20歳以上の方
  • アイフルが認める返済能力を有する方
担保・保証人 不要

アイフル「おまとめMAX」の審査の流れ

まずはアイフルのおまとめMAXへ申し込んだ際の、申し込みから契約までの流れを解説していきます。

アイフル公式サイトから申し込み

アイフルのおまとめMAXでは公式サイトから、ネット申し込みができます。

おまとめに必要な金額や収入状況など、審査で必要な情報を入力すれば申し込み完了です。

またアイフルではネットだけでなく、専用のフリーダイヤルから申し込むこともできます。

申し込みの際に訊かれる情報は以下の通りです。

  • 希望金額
  • 名前
  • フリガナ
  • 生年月日
  • 性別
  • 自宅住所
  • 自宅電話番号
  • 携帯電話番号
  • メールアドレス
  • 会社名
  • 年収
  • 他社借り入れ状況
  • 申し込み結果の連絡方法
  • 申し込み結果の連絡時間
  • その他希望項目

来店して契約手続き

ネット申し込みが終わったあとは、アイフルの店頭か自動契約機から契約手続きを行うことができます。

必要書類を提出して確認が終わればすぐに契約できるので、長時間拘束されることはありません。

おまとめMAXへ申し込む際には、以下の書類が必要となります。

  • 他社借り入れ状況が確認できる書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

郵送で申し込む場合

ネット申し込みのあとは、郵送で必要書類を提出しても手続きを進めることができます。

しかし郵送で手続きを済ませる場合、後日郵送された契約書を返送しなければならず、審査が終わるまでかなり時間がかかってしまいます。

申し込みから融資まで10日程度はかかってしまうので、急いでいる方にはおすすめしません。

契約後すぐに融資可能

契約手続きがすべて終わればすぐに融資を受けることができます。

自分で借り入れ先へ返済するのであれば、アイフルから一旦融資を受けたあと、現在の借り入れ先へ返済していきます。

返済後は清算証明書類等の提出が求められることもあるので、保管しておきましょう。

また状況によってはアイフルが直接借り入れ先へ返済するケースもあります。

アイフル「おまとめMAX」で審査に落ちる人の特徴は?

ここからはアイフルのおまとめMAXの審査に落ちる人の特徴を解説していきます。

低金利の金融機関からの借り換えである

アイフルなどの消費者金融では総量規制によって、顧客が有利となる条件でしか借り換え・おまとめローンが許されていません。

そのためすでに低金利の金融機関から融資を受けている方は、借換えをすると損をすることもあるので、審査に通りづらくなってしまうのです。

アイフルのおまとめMAXの金利は、年率12.0%~15.0%です。

現時点で年率12.0%以下の金融機関から融資を受けている方は、アイフル「おまとめMAX」の審査には通らないのでご注意ください。

借入件数が4件以上ある

借入件数が4件以上あると、おまとめローンの審査に落ちるリスクが高くなります。

おまとめローンは複数から借金をしていることを前提にしていますが、借入件数が4件を超えてくると返済できなくなる可能性が高くなるからです。

おまとめローンでは借入件数3件以内が一般的なので、現時点で借入件数が3件を超えている方は、借り入れ先を減らすか一部のみ借り換えすることをおすすめします。

アルバイト・パートで年収が低い

パートやアルバイトなど年収が低い方は、おまとめローンの審査にも落ちる可能性が高いです。

正社員と比べて今後収入が増える可能性も少なく、雇用も安定していないというのもマイナスポイントです。

アイフルのおまとめMAXでは、継続的な年収があれば申し込み可能ですが、アルバイトやパートでは融資上限額がかなり低くなると考えておきましょう。

その他、おまとめローンの審査に落ちる人の特徴は当サイト内のこちらの記事で紹介しているので、審査が不安な方はぜひ参考にしてみてください。

アイフル「おまとめMAX」の返済について

ここからはアイフル「おまとめMAX」の返済に関する情報を紹介していきます。

まずはおまとめMAXで借り換えすることで、どれくらいお得になるのか例を挙げて解説していきます。

アイフル「おまとめMAX」での借り換え例

今回は3社の金融機関から合計150万円借金をしたAさんの例を見てみましょう。

おまとめMAXを利用する以前の、Aさんが毎月支払う利息は以下の通りです。

借入額 利息
A社(年率18.0%) 50万円 7,397円
B社(年率16.0%) 50万円 6,575円
C社(年率20.0%) 50万円 8,219円
合計 150万円 44.712円

続いてアイフルのおまとめMAXを利用して、金利を年率15.0%まで引き下げることができた場合のシミュレーションをしてみましょう。

150万円×年率15.0%÷365日×30日=18,493円

アイフルのおまとめMAXで借り換えを行えば、毎月の利息を1万8493円まで抑えることができました。

借り換え以前の利息と比べても、毎月2万6219円安くすることができ、返済をかなり楽にすることができます。

現状のままでは返済が苦しいという方は、おまとめを検討してみることをおすすめします。

アイフル「おまとめMAX」に関するQ&A

ここからはアイフル「おまとめMAX」でよくある質問と答えを解説していきます。

クレジットカードの借金でも借り換えできる?

アイフルのおまとめMAXでは、クレジットカードのキャッシング枠は借り換えることができます。

クレジットカードのキャッシング枠は貸金業法の対象となっており、消費者金融での借り換えが認められているからです。

しかしショッピング枠は貸金業法上借金として認められていないため、借換えをすることができないのでご注意ください。

総量規制の対象外になる?

アイフルのおまとめMAXは顧客が一方的に有利となる条件でしか融資を行っていないため、貸金業法の中で総量規制の例外として認められています。

そのため年収の1/3を超える貸付も認められており、借入残高がすでに年収の1/3に近いという方でも借り換え可能です。

しかし顧客が一方的に有利と言えない状況、たとえば金利が借り換え前よりも高くなるといったときには融資ができません。

また他社への借り換え以外には利用することができないのでご注意ください。

無利息期間サービスはある?

アイフルの「おまとめMAX」では無利息期間サービスは行われていません。

通常のカードローンであれば、初めてアイフルを利用する方には最大30日の無利息期間サービスを行っていますが、借り換えローンでは適用されません。

そのため少額の借り換えであれば、借り換え専用のおまとめMAXではなく、通常のキャッシングを利用するのもおすすめです。

アイフル「おまとめMAX」の口コミ

最後にアイフルのおまとめMAXに関する口コミを紹介していきます。

ギャンブルで作った借金をおまとめしたIさん

パチスロにはまってしまって、一度借金をしてから借金地獄にはまってしまうまではすぐでした。

気が付いたときにはすでに50万円以上の借金をしていて、そこからは借金を返すために借金をする最悪の連鎖でした。

ただネットで調べるとおまとめローンを使えばかなり返済を楽にできるということだったので、アイフルのおまとめMAXを利用しました。

審査に通るか少し不安でしたが、特に問題なく審査も終わったので安心しました。借り換えてからは利息が5000円以上安くなったので、かなり生活が楽になりました。

おまとめMAXの審査に落ちてしまったKさん

私の場合はすでに300万円近く借金がある状態で申し込んだのですが、おまとめMAXの審査に落ちてしまいました。

おそらく過去に一度返済の延滞をしてしまったのが大きかったんだと思います。

借入額が大きい方は返済の延滞はかなり気をつけた方がいいですね。結局今では弁護士に依頼をして任意整理をして、残った借金を返済し続けています。