三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

金利 4.0%~14.5%
限度額 800万円
遅延損害金
返済方式 残高スライド方式
返済期間 5年ごとに更新
担保・保証人 不要
保証会社 SMBCコンシューマーファイナンス
総量規制 対象外

三井住友銀行カードローンはおまとめローン向き?

まずは三井住友銀行カードローンを、おまとめローンとしておすすめする理由を解説していきます。

総量規制の対象外で最大800万円まで融資可能

三井住友銀行カードローンは、総量規制の対象外で800万円まで融資を受けることができます。

他社借り入れがある状態でも、返済能力があれば融資は認められるので、おまとめローンとしてもおすすめです。

また限度額800万円というのは、個人向けの無担保融資としては最高レベルなので、多額の借金を背負っている方の借り換えにも対応しています。

WEB完結申し込みで契約可能

三井住友銀行カードローンでは、三井住友銀行の口座を持っていればWEB完結で契約することができます。

手持ちのキャッシュカードでそのまま融資を受けられるようになるので、わざわざ自動契約機でローンカードを発行する必要もありません。

また口座開設時に本人確認も終わっているので、身分証明書の提出なども必要なくなります。

もちろん三井住友銀行の口座がなくても申し込み可能ですが、身分証明書の提出やローンカードの発行が必要となるので、あらかじめ用意しておきましょう。

消費者金融よりも低金利

三井住友銀行カードローンの金利は4.0%~14.5%と、消費者金融と比べて金利は低いです。

そのため消費者金融からの借金返済に困った方は、三井住友銀行カードローンであれば借り換えることで、利息が抑えられる可能性が高いのです。

ただし低金利の銀行カードローンからの借り換え・おまとめの場合、借入額によっては逆に損をすることもあるので要注意です。

申し込む前に限度額ごとの金利を確認して、損をすることがないか確認するようにしましょう。

三井住友銀行カードローンの審査の流れ

ここからは三井住友銀行カードローンの審査の流れを解説していきます。

三井住友銀行カードローンは申し込み方法も多様なので、あなたの生活スタイルに合った申し込み方法を選ぶといいでしょう。

公式サイトからネット申し込み

三井住友銀行の口座を持っていない方、また持っていてもSMBCダイレクトを利用していない方は、三井住友銀行の公式サイトから申し込みましょう。

必要事項を入力すればすぐ審査がはじまり、最短30分で審査結果の連絡があります。

口座を持っている場合、審査が終われば手持ちのキャッシュカードで融資を受けられるようになります。

口座を持っていない方はローン契約機で書類を提出して、その場でローンカードを発行することも可能です。

郵送で必要書類を提出することもできますが、契約まで1週間以上かかってしまうのでおすすめはしていません。

SMBCダイレクト

三井住友銀行の口座を持っており、SMBCダイレクトを利用中の方は、会員ページからカードローンに申し込むことができます。

審査が終わればすぐにネットキャッシングを利用でき、最短で融資を受けることができます。

ただしおまとめローンの場合、収入証明書の提出が求められることもあるので、一応用意しておきましょう。

ローン契約機

三井住友銀行の口座を持っておらず、最短で契約したいのであればローン契約機を利用しましょう。

ローン契約機ではその場で申し込み・審査・書類提出・契約・カード発行を終わらせることができ、申し込みから1時間足らずで融資を受けることができます。

三井住友銀行のローン契約機は全国各地に設置されており、消費者金融のプロミスへと申し込むことができます。

電話

ネットの操作が苦手という方は、専用のフリーダイヤルから電話で申し込むこともできます。

オペレーターの質問に答えるだけで申し込みできるので、機械の操作が苦手な方でも安心です。

電話で申し込んだ後は、ローン契約機か郵送で書類提出とカード発行が行われます。

郵送

三井住友銀行の店舗やローン契約機内にある申込書に記入して、郵送することで申し込み可能です。

郵送で申し込んだ場合、契約まで2週間程度かかってしまうので、急いでおまとめローンを利用したい方にはおすすめできません。

店頭窓口

近くに三井住友銀行の店舗があるという方は、店頭窓口から申し込んでもいいでしょう。

その場でローンカードの発行も行うことができるので、急いでいる方にもおすすめです。

おまとめローンについて不安な点がある方など、店頭窓口であれば気軽に相談できるので安心です。

借金があっても三井住友銀行カードローンの審査には通る?

ここからは三井住友銀行カードローンの審査基準について解説していきます。

おまとめローンは借金を抱えた状態で申し込むため、通常の人よりも審査には通りづらいです。

そのため申し込む前に、審査の対策を練っておくことが大切です。

借入件数が多すぎると審査に通るのは厳しい

借入件数が多すぎると、審査に通りづらくなるので注意しましょう。

特に借り入れ先が4件以上ある方は、おまとめローンといっても追加融資を受けることは難しそうです。

4件以上借り入れがある方は三井住友銀行へ申し込む前に、消費者金融のおまとめローンを利用して、借入件数を減らすことをおすすめします。

ある程度借金が減った時点で、あらためて三井住友銀行カードローンへチャレンジするといいでしょう。

自動契約機・店頭申し込みは審査に通りやすい

審査に通る確率を少しでも上げたいという方は、自動契約機や店頭窓口から申し込むのもいいでしょう。

自動契約機や店頭では、申し込み者の外見や動きが見えるため、ネット申し込みよりも担当者からの信頼を得やすいのです。

これは対面与信と呼ばれ、カードローンの審査基準の一つとなっています。

ただし逆に汚い恰好をしていったり、挙動不審な動きを見せたりすると、信用を失くしてしまうので注意しましょう。

三井住友銀行カードローンの金利について

ここからは三井住友銀行カードローンの金利について解説していきます。

三井住友銀行では限度額が高くなれば金利が低くなっていくので、おまとめローンにもおすすめです。

ただし限度額によって適用される金利が異なるので、借り換え前のシミュレーションをする際には、適用される金利で計算するようにしましょう。

三井住友銀行カードローンの返済について

ここからは三井住友銀行カードローンの返済について解説していきます。

返済日や返済方法は金融機関によって異なるので、借り換える前より不便にならないか確認しておきましょう。

返済日

三井住友銀行カードローンでは、返済日を毎月5日・15日・25日・月末から選ぶことができます。

返済日までにATMなどから入金がなかった場合には、返済用口座から自動引き落としされるようになっているので、うっかり返済日を忘れた時でも安心です。

しかし口座残高が足りずに返済できなかった場合、遅延損害金が発生してしまうので口座には常にお金を入れておきましょう。

毎月の返済額

三井住友銀行カードローンの毎月の返済額は、約定返済日時点での借入残高に応じて変動します。

毎月の返済額は会員ページやお知らせメールで確認できるので、忘れずに振込か入金をしておきましょう。

借入残高ごとの返済額は以下の通りです。

三井住友銀行カードローンのよくある質問

最後に三井住友銀行カードローンのよくある質問を紹介していきます。

申し込み手数料や年会費はかかる?

三井住友銀行カードローンに申し込んだとしても、手数料や年会費は一切かかりません。

クレジットカードでは入会費や年会費が必要なところもありますが、基本的にカードローンでは請求されないと考えていいでしょう。

お金に困っている人が利用するサービスなので、利息やATM手数料以外にかかる費用はありません。

まとめて返済することはできる?

三井住友銀行カードローンでは、数カ月分をまとめて返済するということはできません。

必ず毎月返済を行っていくようにしましょう。

しかしボーナスなどで一括返済したいときには、専用口座へ振り込めばいつでも一括返済することができます。

また約定返済以外でも、提携ATMなどから随時追加返済を行うことも可能です。

限度額の増額はできる?

三井住友銀行カードローンでは、利用期間中に限度額を増額させることも可能です。

ただし返済の延滞などを起こすなど、信用実績が低ければ限度額を増額させることはできません。

また他社借り入れが増えるなど、融資が危険と判断されれば、限度額が引き下げられることもあるのでご注意ください。

おまとめローンとして利用する際には、基本的に限度額の増額など考えずに、返済に専念することをおすすめします。
三井住友銀行のお申し込みはこちら