みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンがおまとめにおすすめの理由

  • 限度額1000万円まで対応
  • 借入額200万円以内なら収入証明書不要
  • 他社からの借り換えに柔軟に対応している

みずほ銀行カードローンをおまとめローンとしておすすめする理由は上記の3つです。

他の銀行カードローンと比べてもおまとめローン向きのスペックなので、借金の返済に困っている方は借り換えを検討してみてください。

限度額は最大1000万円まで対応

みずほ銀行カードローンでは、総量規制の対象外で、最大1000万円まで融資に対応しています。

1000万円まで融資可能なカードローンは消費者金融にはなく、銀行の中でも非常に珍しいです。

複数の金融機関から借金をしている方でも、みずほ銀行カードローンであれば余裕で債務を一本化することができます。

また限度額が高くなれば最大で年率3.0%まで金利は引き下がるというのも、おまとめローン向きです。

借入額200万円以内なら収入証明書不要

みずほ銀行カードローンでは、借入額200万円以内であれば収入証明書不要で申し込むことができます。

運転免許証などの身分証明書だけで申し込みできるので、手軽に融資を受けることができます。

ただし他社借り入れがある場合、みずほ銀行からの借入額が200万円まで届かなくても、収入証明書の提出が求められることもあります。

おまとめローンとして利用する際には、あらかじめ収入証明書を用意しておいた方がいいでしょう。

他社からの借り換え・おまとめに積極対応

みずほ銀行カードローンでは、申し込み時に利用目的が訊かれますが、「他社借り入れの返済のため」という項目を選ぶことができます。

このようにみずほ銀行カードローンは、借り換え・おまとめとして利用されることも想定して作られており、積極的に貸付も行っています。

借り換え・おまとめ目的だと伝えておくと、審査にも通りやすくなるので、申し込み時には必ずチェックするようにしましょう。

みずほ銀行カードローン審査の流れ

ここからはみずほ銀行カードローンの審査の流れを解説していきます。

みずほ銀行カードローンはネットの他に、郵送や店頭窓口から申し込むこともできますが、ここでは一番手軽なネット申し込みの流れを紹介します。

みずほ銀行公式サイトからネット申し込み

みずほ銀行公式サイトの申し込みボタンをクリックすると、申し込み画面を開くことができます。

「みずほ銀行の口座を持っている方」と「みずほ銀行の口座を持っていない方」の2つに分かれているので、該当する方のボタンをクリックするようにしましょう。

申し込み画面ではまず個人情報の取扱いに関する同意書が表示されるので、中身に目を通して同意する場合は「同意する」にチェックを入れて、次の画面へと進みます。

次の画面ではまず希望限度額の確認が行われます。

運転免許証の有無と雇用形態を答えたのち、希望する限度額を入力します。

限度額は最大1000万円まで対応していますが、審査の結果によっては希望額よりも限度額が低くなる可能性もあるのでご注意ください。

希望限度額の入力が終われば、保証会社であるオリコのサイトへと移動し、詳細な申し込み情報を入力していきます。

申し込み時に入力する情報は以下の通りです。

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • 住居区分
  • 居住年数
  • 配偶者の有無
  • 他社かの借入額
  • 年収
  • 家族構成
  • 勤務先情報(名称・住所・電話番号・職種など)

審査・在籍確認

申し込みがすべて終われば、審査が始まります。

みずほ銀行では午前中に申し込みを済ませておけば、当日中に審査回答が行われ、最短で即日融資を受けることもできます。

また審査の最中には、保証会社のオリコから勤務先へ在籍確認の電話が行われることもあります。

連絡が取れない、また本人確認が取れなければ申し込みが無効となるのでご注意ください。

審査結果は登録したメールアドレスに届くようになっているので、確認しておくようにしましょう。

銀行口座の開設

みずほ銀行の口座を開設していない方で、運転免許証を持っていないという方は、みずほ銀行の口座を開設しなければなりません。

また運転免許証を持っていても、最短で融資を受けたいのであれば、店頭で口座開設を済ませることをおすすめします。

口座がなければ郵送でローンカードが届くまで待っていなければならないので、融資まで一週間程度かかってしまいます。

しかし口座を開設すれば、2~3日程度で融資を受けられるようになるのでおすすめです。

契約・融資

審査が終わればすぐに契約することができます。

借入額200万円以内であれば、手持ちのキャッシュカードでそのまま借り入れできるようになるので、みずほ銀行ユーザーにはおすすめです。

また借入額200万円を超える方でも、必要書類提出用URLから簡単に収入証明書を提出することができます。

このようにみずほ銀行の口座を持っていれば、ネット申し込みから簡単に融資を受けることができます。逆にみずほ銀行の口座を持っていない方は、少し手続きに時間がかかるので他のカードローンを利用した方がいいかもしれません。

審査の流れを説明したあとは、みずほ銀行カードローンの審査基準について解説していきます。

みずほ銀行カードローンのおまとめ審査は通りやすい?

みずほ銀行カードローンのおまとめ審査は、他の銀行と比べると通りやすいと評判があります。

上記したようにおまとめローンを前提としたカードローンというだけでなく、保証会社は最大手のオリエントコーポレーションなので、おまとめ審査にも強いからです。

全国の銀行保証を行っているので、おまとめローンに関するノウハウも充実しています。

金融機関では安全性が分かっていない分野は、審査をする前に貸付を断るケースも多いです。

その点、みずほ銀行では大手信販会社のオリコが保証を行っているので、返済能力があれば融資を受けることができます。

しかし当然ながら、返済リスクが高いと判断されれば審査には落ちてしまうので、年収の借入額のバランスを考えて申し込むようにしましょう。

みずほ銀行カードローンの金利は2コース

ここからはみずほ銀行カードローンの金利について解説していきます。

みずほ銀行カードローンでは2つの金利プランが用意されており、審査の結果に応じてどちらかの金利プランが適用されるようになっています。

エグゼクティブプラン

審査で評価が高かった人が適用されるのがエグゼクティブプランです。

もう一つのコンフォートプラント比べて金利が低いので、おまとめローンとしても有能です。

エグゼクティブプランの金利は限度額によって以下のように変動します。

限度額 金利
200万円~300万円 年率7.0%
300万円~400万円 年率6.0%
400万円~500万円 年率5.5%
500万円~600万円 年率5.0%
600万円~800万円 年率4.5%
800万円~1000万円 年率3.5%

コンフォートプラン

エグゼクティブプランが適用されなかった方は、コンフォートプランが適用されます。

エグゼクティブプランと比べると金利は高いですが、消費者金融からのおまとめであれば十分に利息を抑えることができます。

コンフォートプランの金利は限度額ごとに以下のように変動します。

限度額 金利
10万円~100万円 年率14.0%
100万円~200万円 年率12.0%
200万円~300万円 年率9.0%
300万円~400万円 年率7.0%
400万円~500万円 年率6.0%
500万円~600万円 年率5.0%
600万円~800万円 年率4.5%
800万円~1000万円 年率4.0%

みずほ銀行カードローンの返済について

ここからはみずほ銀行カードローンの返済について解説していきます。

返済日

みずほ銀行カードローンでは、毎月10日に返済用口座から自動引き落とし返済が行われます。

追加融資などは提携ATMから行うこともできますが、毎月の約定返済は口座引き落とししかできないので、残高不足にならないように注意しましょう。

毎月の返済額

みずほ銀行カードローンは残高スライド方式が採用されており、前月10日時点での借入残高に応じて翌月の返済額が決定します。

借り入れ残高ごとに返済額は以下のように設定されています。

前月10日の利用残高 毎月の返済額
1万円未満 借入残高
1万円~100万円 1万円
100万円~200万円 2万円
200万円~300万円 3万円
300万円~400万円 4万円
400万円~500万円 5万円
500万円~600万円 6万円
600万円~700万円 7万円
700万円~800万円 8万円
800万円~900万円 9万円
900万円~1000万円 10万円
1000万円超 11万円

みずほ銀行カードローンに関するQ&A

最後にみずほ銀行カードローンに関するQ&Aを解説していきます。

限度額を増額するには?

みずほ銀行カードローンでは、再度カードローンへ申し込むことで、契約時の限度額から増額させることができます。

おまとめローンとして利用したけれど、追加融資が必要になったという方は、限度額の増額を申し込んでみるといいでしょう。

ただし他のカードローンを利用していると限度額の増額はできないので、他のカードローンからの借り入れをしっかり完済しておくことが条件となります。

返済に遅れたらどうなる?

みずほ銀行カードローンでは、返済に遅れた場合、遅延損害金が発生します。

遅延損害金は年率19.9%で設定されており、通常の利息に加えて日割りで加算されていきます。

借入額が多ければ遅延損害金だけで結構な金額になるので、おまとめローンとして利用するときは、絶対に返済を延滞しないように気をつけましょう。

また返済を延滞すれば、信用情報の評価も下がり、今後他の金融機関からも融資を受けづらくなるのでご注意を。

完済後に解約するにはどうすればいい?

みずほ銀行カードローンを完済したあと、解約したいのであればみずほ銀行の店頭で手続きを行わなければなりません。

基本的にネット手続きだけで解約することはできないので、近くの店頭窓口で相談することをおすすめします。

不要になったカードローンは、契約したままにしておくと、他の金融機関の審査で不利に働くこともあります。

完済したあとは速やかに解約するようにしましょう。
お申し込みはこちら