任意整理とは?メリット・デメリット

話し合う4人の弁護士と債務者

任意整理とは借り入れ先と交渉し、今後の利息の軽減や返済計画の見直しを行う債務整理です。

裁判所を通さないため、他の債務整理と比べて簡単に手続きを行えます。最もよく使われる債務整理でもあります。

しかし債務の元金自体は減らないので、任意整理をした後も返済は続けなければなりません。

そのため一定の収入があり、3年以内に返済が可能な状況でなければ、利用できないと覚えておきましょう。

この記事では任意整理とは何なのか、そしてメリットとデメリットを解説していきます。

任意整理では何を行うの?

任意整理を行うためには、まず弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。

借り入れ先との交渉もあるので、債務整理を専門とした弁護士事務所に相談するといいでしょう。

依頼後は債務の状況を確認して、書面にて借り入れ先の金融機関へ任意整理での調整を申し出します。

交渉といっても直接弁護士が業者と対面することは稀で、大半は書面の交換で終わります。

まずは金利の高い貸金業者の場合、利息制限法に基づいて金利の引き直し計算を行い、過払い金があれば元金の返済に充当します。

利息の計算が終わったあとは、将来分の利息をカットして、残った元金を分割返済できるように交渉していきます。

基本的に3年以内で完済できるように返済計画を見直すので、一定の収入が求められるよう求められます。収入がなければ任意整理できない可能性が高いので、自己破産など他の債務整理を検討しましょう。

これらの交渉はすべて弁護士や司法書士が行ってくれるので、法的知識のない方でもご安心ください。

ここからは任意整理のメリットとデメリットを解説していきます。

任意整理のメリット

将来の利息がなくなるので返済が楽になる

任意整理を行えれば将来発生する利息をカットできます。

利息がなくなれば支払った分はすべて元金の返済に充てられるので、早く完済できるようになります。

現状の収入では利息しか支払えないという方でも、任意整理を行えれば破産せずに完済することが可能です。

また弁護士が一緒になって現実的な返済計画を考えてくれるので、生活をかなり楽にすることができるでしょう。

過払い金があれば借金が減るケースもある

任意整理ではまず利息の見直しが行われ、過払い金が発生していれば借金自体が減るケースもあります。

過払い金とは利息制限法で定められた法定金利を超える利息のことで、貸金業法によって過払い金の返還は認められています。

2010年に貸金業法が改正されて以来、グレーゾーン金利も撤廃されたので、違法金利での融資はなくなっています。

しかし返済が長期化すると、過払い金が発生している可能性もあるので、一度確かめてみるといいでしょう。

依頼をすれば取り立てがストップする

任意整理を依頼した時点で、借り入れ先の金融機関へと通知が行くので、その日から取り立てはストップとなります。

催促状や電話など、借り入れ先からの取り立てに追い詰められていた方は、任意整理をすることで精神的にもかなり楽になります。

また任意整理後は、返済計画通りに返済していけば取り立てが来ることもありません。

一部の借り入れ先のみ任意整理が可能

任意整理は一部の借り入れ先のみ選んで手続きが可能です。

任意整理を行うと返済は楽になりますが、今後手続きをした金融機関は利用できなくなってしまいます。

大手のクレジットカード会社など、使えなくなってしまったら困るという方も多いですよね。

そのため消費者金融からの借り入れだけ任意整理をして、カード会社からの借り入れはこれまで通り返済することをおすすめします。

このように任意整理を行うと上記のようなメリットがあり、返済をかなり楽にすることができます。

しかし債務整理にはデメリットもあるので、利用する前に十分に検討する必要があります。

ここからは任意整理のデメリットを解説していきます。

任意整理のデメリット

信用情報に任意整理の事実が記録される

任意整理を行うと信用情報に任意整理の事実が記録されます。

信用情報に債務整理をした記録が残っていると、ブラック扱いとなり審査はかなり不利になります。

信用情報の記録が消えるまでは、金融機関の審査には通らないと考えた方がいいでしょう。

任意整理をした事実は記録されてから5年間記録され、あらゆる金融機関で共有されるので、十分に検討してから利用するようにしましょう。

債務自体は返済しなければならない

任意整理は利息をカットすることはできますが、借金自体を減額することはできません。

他の債務整理であれば、債務自体を大幅に減らすことができるので、それと比べるとデメリットといえます。

任意整理を行うには返済能力も求められるので、何かしら収入源を確保するようにしましょう。

デメリットが少ないのも任意整理のメリット

このようにデメリットが少ないというのも、任意整理のメリットです。

5年経てば信用情報に記録も消え、普通通りの生活ができるようになるので、返済が苦しくなったときは早めに任意整理を検討することをおすすめします。

債務が増え続けて返済不可能になれば、民事再生(個人再生)や自己破産を検討しなくてはいけません。

そうなるとデメリットも大きくなるので、任意整理で済むうちに債務整理を行った方がいいでしょう。

また信用情報に事故情報を残したくないという方は、おまとめローンを活用して返済するにも一つの手です。

当サイトはおまとめローンについて詳しく解説した記事をまとめているので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

おまとめローン比較ラボ