おまとめローンの申し込み方法は?

おまとめローンの申し込み方法は業者によってさまざまです。

ネットで申し込みできるところもあれば、店頭でしか申し込みできないケースもあります。

そこでこの記事では、おまとめローンの主な申し込み方法である、ネット・店頭・電話から申し込んだ際の、申し込みの流れについて解説していきます。

また記事の最後には、各おまとめローンの申し込み方法を紹介しているので、借り換え先に悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

まずはネットからおまとめローンに申し込む際の、申し込みの流れを見てみましょう。

ネットからおまとめローンに申し込む際の流れ

ネットから申し込む際には、借り換え先の公式サイトから申し込みを行います。

申し込みフォームを開いて、必要事項を入力していきましょう。

カードローンやキャッシングと同様に氏名や住所などを入力していきますが、現在の借り入れ状況などは細かく訊かれるので、間違いがないように入力していきます。

申し込み情報を基に審査を行い、信用情報の確認も終われば、審査結果の連絡があります。

審査結果はメールか電話で行われる

審査結果の連絡はメールか電話で行われます。

その際、契約手続きに必要な書類なども説明されるので、メモの準備を忘れずに。

おまとめローンの場合、融資額も大きいので、契約手続きは店頭で行われるケースが多いです。

ネット手続きですべて終わらせたいという方は、通常のカードローンを使って借り換えやおまとめをするといいでしょう。

借り入れ先への返済方法も業者によって異なる!

おまとめローンの審査に通ったあとは、借りた分のお金で現在の借り入れ先へ返済をしなければなりません。

業者によっては顧客ではなく、業者が借り入れ先へ自動返済するケースもあります。

特に消費者金融のおまとめローンは、他社への返済以外に使うことが貸金業法で禁じられているので、業者が直接借り入れ先へ返済を行います。

そのため融資を受けることができても、現金を受け取ることはできないので注意しましょう。

またおまとめローンの中には、返済中の追加融資が受けられるところと、完済するまで融資は受けられないところもあります。

申し込み前に借り入れ先への返済方法や、追加融資の方法も確認しておくことをおすすめします。

店頭からおまとめローンに申し込む流れ

最短で融資を受けたいのであれば、店頭でおまとめローンの申し込みを行うことをおすすめします。

消費者金融などであれば、自動契約機で申し込むことも出来るので、人に会いたくないという方にもおすすめです。

ただし店頭で申し込む際には、忘れずに必要書類を用意しておくようにしましょう。

おまとめローンは通常のカードローンと比べて、必要となる書類も多いので、必ず確認しておきましょう。

おまとめローンの主な必用書類

身分証明書
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポートなど
収入証明書
  • 給与明細
  • 源泉徴収票
  • 課税証明書など
不動産登記簿謄本 ※不動産を担保にする場合に必要
保証人の同意書 ※保証人を立てる場合に必要

事前にネット・電話申し込みが必要なケースもある

おまとめローンの場合、事前にネットや電話で申し込みが必要なケースもあります。

いきなり店頭に向かっても、申し込むことができないこともあるのでご注意ください。

申し込みに必要な書類を確認するためにも、店頭で申し込む前に確認しておくことをおすすめします。

電話からおまとめローンに申し込む流れ

おまとめローンを専門に扱う金融機関などは、まずは電話申し込みが必要なケースが多いです。

電話で申し込む際には、まず簡単なプロフィールを電話口で答えて、後日正式に送られてくる申込書に記入する流れが多いです。

また近くに店舗があるようであれば、電話で申し込んでから店頭で契約手続きを行うこともできます。

電話であればサイトを見ただけでは分からない、詳しい融資の条件やおまとめのアドバイスも相談できるので、はじめておまとめローンを利用するという方にもおすすめです。

担保の有り・無しで申し込みの流れは違う!

担保や保証人が必要なおまとめローンでは、申し込みの流れは大きくことなります。

土地や不動産を担保にする場合、契約手続きの前に査定を行わなければなりません。

無料で査定のみ行ってくれる業者も多いですが、実際に申し込むとなれば色々と手数料がかかることが多いです。

また担保にする土地や不動産が遠方にある場合、査定にも時間がかかってしまうので、融資にも時間がかかるので注意しましょう。

土地や不動産を担保にしてしまえれば、万が一返済できなければ土地や不動産を失うことになってしまいます。

担保が必要なおまとめローンに申し込む際には、入念な返済計画を立てておく必要があります。

借り換え先選びは焦らずに決めよう!

借金は時間が経てば経つほど利息が増えていくので、借り換え先をつい焦って決めてしまいがちです。

しかし一度おまとめをしてしまうと、そこから別の業者に借り換えるのは大変なことです。

手数用なども無駄にかかることになるので、かえって返済を苦しめることになりかねません。

そのため借り換え先を選び際には、入念に今後の返済計画を立てて、後悔しないようにしましょう。