おまとめローンと返済負担率から考える

おまとめローンの審査は一般的に他のカードローン審査よりも厳しくなる事が予想されます。おまとめローン自体が厳しい、というよりもおまとめローンを利用する方の「借入れ多数」「高額借入」などの条件が評価の低いものであるという事を認識しましょう。


返済負担率は適正ですか

借入や件数が多くても、返済遅延がなければ信用情報の評価はそれほど悪化していません。しかし、返済負担率が高くなってしまう為、返済能力は下がってしまいます。この返済負担率というものは借入額(返済総額)が年収に対してどのくらいの割合であるかを示したものです。(関連情報>>>UFJ銀行の詳細情報・申込)年収が下がるほど、限度とされる値は下がりますが年収400万以上の方でも限度は35%までとされています。この値を越えてくると、返済不能になるリスクが高まる為、審査では厳しく評価される事が多いようです。

おまとめローンで気をつけたい事

できるだけ、条件のいいおまとめローンを利用する為には少ずつでも自分で「おまとめ」と返済を進める事です。また、より属性評価の高い正社員や契約社員など目指すなどできる事はたくさんあります。今すぐにでも、一本化できなければ苦しいという場合には現状で通過できるものを選ぶ事になりますが、審査通過できなかった場合でも「返済遅延」だけは起こさないように各契約先と相談しながら返済を進めていきましょう。
>>>おまとめローンの詳細を徹底網羅TOPへ