おまとめローンと債務整理はどっちがお得?

現状のままでは借金の返済ができないという方には、おまとめローンか債務整理がおすすめです。

おまとめローンは借金を一本化して金利を下げることで、今後発生する利息を大幅に抑えることができます。

一方債務整理は今後発生する利息をカットしたり、債務自体を減額したりできるので、返済不能に陥った人にはおすすめです。

しかし債務整理を行えば信用情報に記録が残るため、一定期間金融機関の審査には通らなくなる恐れもあります。

そこでこの記事ではおまとめローンと債務整理のメリットとデメリットを説明し、どちらを利用した方がお得なのか、状況別に解説していきます。

借金の返済に困っているあなた、この記事を読んで早めに対策を練るようにしましょう。

おまとめローンのメリット・デメリット

まずはおまとめローンのメリットとデメリットを説明します。

メリット

  • 金利を低くすることができる
  • 返済先を一つに減らすことができる

おまとめローン最大のメリットは、借金一本化による金利の引き下げです。

カードローンやキャッシングでは、限度額が高くなれば金利が低くなるので、複数の金融機関を利用するよりも一つにまとめた方がお得なのです。

また複数の金融機関へ返済するとなれば、毎月何度も返済日が訪れるので、精神的な負担も相当です。

しかしおまとめローンを利用すれば、返済を毎月1回に減らすことができるので、精神的にもかなり楽になります。

デメリット

  • 借金自体が減ることはない
  • 審査に通らない可能性もある

おまとめローンはあくまで借り換えなので、借りた分のお金は利息分も含めて支払わなければなりません。

今後発生する利息を安くすることは出来ますが、借金自体を減らすことはできません。

またすでに借金を抱えた状態で申し込むため、審査に通らない可能性も充分にあります。

審査に通らなければ、今まで通り返済を続けなければならないので、次の対策を考えておく必要があります。

債務整理のメリット・デメリット

続いて債務整理のメリットとデメリットを解説していきます。

メリット

  • 債務や利息を減らすことができる
  • 正式な手続きを踏めば誰でも利用できる

債務整理は債務自体や今後発生する利息を減らすことができます。

またおまとめローンのように審査がないので、正当な手続きを踏めば誰でも利用することができます。

個人再生や自己破産など裁判所を通して行う債務整理は、裁判所による審議が行われますが、任意整理であれば弁護士に依頼すれば債務整理を行うことができるのです。

デメリット

  • 信用情報に記録が残る
  • 周囲に債務整理をしたことがバレる可能性がある
  • 一定期間、一部職業に就けないこともある

債務整理を行うと信用情報に事故情報として記録されます。

過去に債務整理をした記録が残っている限り、今後金融機関から融資を受けるのは難しいでしょう。

事故情報は一定期間経てば信用情報から抹消されますが、最低でも5~10年は記録が残ります。

また個人再生や自己破産を行った場合、国が発行する官報に氏名が記載されます。

そのため周囲の人に債務整理をした記録がバレル可能性もあるのです。

また自己破産をした場合、一定期間警備員など特定の仕事にも就けなくなり、仕事を失う可能性もあるので要注意です。

借金の返済が可能な方はおまとめローンを!

現在まだ収入があり、厳しいながらも何とか返済できているのであれば、おまとめローンを利用しましょう。

おまとめローンを利用すれば、毎月の返済額を大幅に下げることができるので、かなり生活は楽になるはずです。

債務整理はメリットも大きい反面、デメリットも大きいので、返済出来るうちはおすすめしません。

収入がない・借入額が多すぎる方は債務整理を!

収入がない方や、借入額があまりにも大きすぎる方は債務整理がおすすめです。

債務整理は弁護士に依頼したときから、取り立てを辞めさせることができるので、厳しい取り立てに苦しんでいる方は早めに依頼しましょう。

しかし債務整理はデメリットが大きいので、気軽な気持ちで利用していいものではありません。

どうしても借金を返済できなくなったときの、最終手段ということをお忘れなく。

債務整理は状況によって種類が異なる

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

債務整理には大きく分けて3つ種類があり、内容が異なるので状況によって、どの手続きを行うべきか異なります。

任意整理は一番多く行われる債務整理で、弁護士と業者が交渉をして、今後発生する利息をカットしてくれます。

事故情報が登録される期間も短いので、利息がなければ完済できるようであれば、任意整理を行いましょう。

個人再生や自己破産は、弁護士を通して裁判所で手続きを行い、債務自体を減額します。

個人再生であれば債務を1/5に、自己破産であれば全額免除とすることも可能です。(※個人再生は家や車など財産を放棄しなくても良い)

しかし両者ともに事故情報が記録される期間が長く、官報に氏名と住所が載るなど、デメリットが非常に大きいので要注意です。

まとめ

おまとめローンと債務整理は、返済を楽にするという点では同じですが、内容は全く異なります。

債務整理を行うと今後の人生にも大きく影響を与えるので、返済できるのであればおまとめローンを活用しましょう。

しかし万が一返済不能に陥っているのであれば、一刻も早く債務整理の手続きを行った方がいいでしょう。

くれぐれも闇金などを利用して、一時的にお金を用意する行為だけはしないようにしてください。

債務整理の手続きを行ったとしても、法律の外にいる闇金業者は違法な取り立てを続けてくる可能性もあるのです。

借金の返済に困ったときには、区役所や無料相談所にまずは相談するようにしましょう。