おまとめローンは消費者金融と銀行どっちがおすすめ?

おまとめローンは主に、消費者金融か銀行を利用するケースが殆どです。

消費者金融は金利が高いかわりに、審査に通りやすいというメリットがあります。

逆に銀行カードローンでは、審査は厳しいですが低金利で融資を受けることができるというメリットがあります。

この記事では消費者金融と銀行、どちらのおまとめローンがおすすめなのか徹底解説。

おまとめローン選びに悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

審査が不安なら消費者金融がおすすめ

おまとめローンの審査に通るか不安という方は、消費者金融がおすすめです。

金融機関の審査では金利が高いほど審査は甘くなります。

一度の融資で得られる利子が多いので、積極的に貸し付けを行っているからです。

そのため確実におまとめローンの審査に通りたい方や、審査が不安な方は消費者金融を利用するといいでしょう。

総量規制に引っ掛かるならおまとめ専用商品を!

ただし消費者金融には総量規制があるので要注意です。

総量規制とは貸金業者からの借り入れが、年収の1/3を超えることを禁じる規制のことです。

そのためすでに借金を抱えている方や、年収が低い方は消費者金融の審査に通りづらくなってしまいました。

しかし消費者金融でも、おまとめローン専用商品であれば、年収の1/3を超える貸し付けが認められています。

おまとめや借り換えは顧客が一方的に有利となるので、例外として融資が認められているのです。

申し込み時点で総量規制に引っ掛かることが分かっている方は、おまとめ専用商品に申し込むようにしましょう。

直接返済に注意しよう

しかしおまとめ専用商品の場合、借り入れ先への返済は消費者金融側が行うケースもあります。

総量規制によって借り換え以外の用途が禁じられているので、業者側としては直接返済した方が安全だからです。

直接返済するおまとめローンであれば、融資を受けても現金を手にすることはできません。

完済するまで新たに融資を受けることもできないので、ご注意ください。

主な消費者金融のおまとめローン

プロミス「貸金業法に基づくおまとめローン」

金利 年率6.3%~17.8%
限度額 300万円
返済期日
  • 5日
  • 15日
  • 25日
  • 末日
返済期間 最長10年(120回)
申込条件
  • 申し込み時の年齢が満20歳~65歳以下
  • 本人に安定した収入のある方

プロミスでは自動契約機から申し込むことができます。最短で即日融資を受けることができるので、急いで借り換えたい方にもおすすめです。

アイフル「貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローン」

金利 年率12.0%~17.5%
限度額 500万円
返済期日 契約時に設定
返済期間 最長10年(120回)
申込条件
  • アイフルをはじめて利用する方
  • 申し込み時の年齢が満20歳を超えている方
  • 定期的な収入があり、返済能力を有する方

アイフルのおまとめローンは、返済計画など気軽に相談できると評判です。ネット申し込みにも対応しているので、初めておまとめローンに申し込むという方にもおすすめです。

アコム「貸金業法に基づく借換え専用ローン」

金利 年率7.7%~18.0%
限度額 300万円
返済期日 契約時に設定
返済期間 最長13年7カ月(120回)
申込条件
  • 申し込み時の年齢が満20歳を超えている方
  • 定期的な収入があり、返済能力を有する方

アコムは大手消費者金融の中で最も審査通過率が高く、審査が不安な方にもおすすめです。借り換え専用ローンは、まずは電話をして、その後自動契約機や店頭窓口で申し込むできます。

利息を抑えたいなら銀行カードローンがおすすめ!

とにかく利息を安く抑えたいのであれば、銀行カードローンでおまとめするといいでしょう。

消費者金融と比べて、銀行カードローンは4~5%程度金利が低いので、利息をかなり抑えることができます。

現在消費者金融からの借金の返済に困っている方も、銀行カードローンで借金を一本化することで、返済をかなり楽にすることができます。

銀行カードローンは総量規制の対象外で融資を受けることができるので、年収や借入額に関係なく、返済能力が認められれば融資は行われます。

返済中に追加融資を受けることも可能

銀行カードローンは限度額内であれば、自由に借り入れすることができます。

そのため返済中にお金に困ったときでも、いつでも追加融資を受けることができるのです。

返済が長期化すれば、アクシデントで収入が減ることは大いに考えられます。

継続的に返済できるか不安という方にも、銀行カードローンはおすすめです。

しかし借り入れと返済を繰り返していると、いつまでも完済できずに利息はどんどん膨らんでいきます。

追加融資を受けるにしても、必要最低限に抑えておくことが大切です。

おまとめにおすすめの銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

金利 年率1.8%~14.6%
限度額 500万円
返済期日 契約時に設定
返済期間 自動更新
申込条件
  • 申し込み時の年齢が満20歳以上65歳未満の方
  • 国内に居住する方
  • アコムからの保証を受けられる方

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、テレビ窓口からの申し込みで、40分程度で融資を受けることができます。下限金利も1.9%と多額の借り換えにもおすすめです。

みずほ銀行カードローン

金利 年率3.0%~7.0%
限度額 1000万円
返済期日 毎月10日
返済期間 1年ごとの自動更新
申込条件
  • 申し込み時の年齢が満20歳以上66歳未満の方
  • 定期的な収入がある方
  • 保証会社からの保証を受けられる方

みずほ銀行カードローンは最大1000万円まで借り換えでき、みずほ銀行の住宅ローンを利用している方は0.5%金利を引き下げることもできます。手持ちのキャッシュカードで借り入れできるので便利です。

オリックス銀行カードローン

金利 年率1.9%~17.8%
限度額 800万円
返済期日 契約時に設定
返済期間 最長13年7カ月(120回)
申込条件
  • 申し込み時の年齢が満20歳以上69歳未満の方
  • 定期的な収入があり、返済能力を有する方
  • 日本国内に在住している方
  • オリックス・クレジットの保証を受けられる方
  • 新生フィナンシャル株式会社の保証を受けられる方

オリックス銀行カードローンは2016年から金利も引き下げられ、大口融資ではかなりお得なカードローンになりました。2つの保証会社で審査を行うため、他社よりも審査基準は柔軟です。

まとめ

消費者金融か銀行カードローン、どちらがおすすめになるかは状況によって大きく異なります。

おまとめローン選びで悩んだときは、あなたの考える返済計画や、自分の状況を考えることが大切です。