おまとめローンは総量規制の対象外?

消費者金融やクレジットカードのキャッシングは、貸金業法で定める総量規制の対象になります。

総量規制とは他社からの借り入れを含めて、顧客の年収1/3を超える過剰な貸付を禁じる規制のことです。

そのため消費者金融は、原則的に借金を抱えている方は審査に通りにくいのです。

しかし特定の条件を満たしたおまとめローンであれば、総量規制を超えて貸付を行うこともできます。

そこでこの記事では、総量規制の対象外となるおまとめローンについて解説していきます。

借金を抱えているから審査に通らないと諦めているあなたにも、借りられるおまとめローンがきっと見つかるはずです。

総量規制の対象外となるおまとめローンの条件とは?

総量規制の例外として、年収の1/3を超える融資が認められる条件は以下の通りです。

  • 顧客に一方的有利となる借り換え
  • 緊急の医療費の貸し付け
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸し付け
  • 配偶者と合わせた年収の1/3以下の貸し付け
  • 個人事業主に対する貸し付け
  • 預金取り扱い金融機関からの貸し付けを受けるまでの「つなぎ資金」に関わる貸し付け

この中で「顧客に一方的有利となる借り換え」に該当するおまとめローンであれば、総量規制の例外として年収の1/3を超える貸付が認められています。

おまとめローンの場合、基本的に元金はそのままで、借り換え前よりも金利は下がります。顧客にとって一方的に有利となる条件なので、例外として認められているのです。

しかし逆を言えば、借り換え前よりも金利が下がらないかぎり、消費者金融はおまとめローンとして融資を行うことができません。

そのため銀行カードローンなど金利の低い借金からの借り換えは、審査に通らないこともあるのでご注意ください。

不動産を担保にしても総量規制の除外となる

総量規制には例外の他に、除外が認められている貸付もあります。「

例外の貸し付けは借入額のカウントされますが、除外となる借り入れは審査の際に他社借入額としてカウントされません。

そのため除外となる貸付で年収の1/3以上融資を受けても、総量規制には関係がないというわけです。

総量規制の除外となる貸付は以下の通りになります。

  • 不動産の購入やリフォームのための貸し付け
  • 自動車購入時の自動車を担保にした貸し付け
  • 高額療養費のための貸し付け
  • 有価証券を担保にした貸し付け
  • 不動産を担保にした貸し付け
  • 売却予定不動産の売却代金によって返済できる貸し付け
  • 手形割引
  • 金融商品取引業者が行う500万円越えの貸し付け
  • 貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介

つまり不動産や有価証券を担保にしたおまとめローンであれば、総量規制の除外として高額融資を受けることができるのです。

銀行カードローンであれば総量規制の対象外!

一方、銀行カードローンであれば総量規制の対象外なので、総量規制に関係なく融資を受けることができます。

総量規制とは貸金業法によって定められた規制です。

そのため銀行法を基準に営業している銀行の融資では、総量規制はそもそも関係ないのです。

銀行のカードローンは限度額1000万円以上融資可能なところも多いので、複数の借り入れの一本化も可能です。

またネット完結で利用できる銀行カードローンも増えているので、手軽に借金をおまとめすることができます。

総量規制対象外のおすすめカードローン

最後に総量規制の対象外となるおすすめのカードローンを紹介していきます。
すでに年収の1/3に近い借金を抱えているという方は、ぜひ参考にしてください。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

金利 1.8%~14.6%
限度額 500万円
申し込み方法
  • ネット
  • テレビ窓口
総量規制 対象外

三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックは、テレビ窓口を利用すれば申し込みから40分程度で融資を受けることができます。下限金利が1.9%と非常に低いので、最大500万円までの融資を考えている方にはおすすめです。

住信SBIネット銀行カードローン

金利 0.99%~7.99%
限度額 1200万円
申し込み方法
  • ネット
総量規制 対象外

住信SBIネット銀行カードローンは、最大1000万円まで融資を受けることができ、年率0.99%まで金利を引き下げることもできます。住宅ローン並の低金利で融資を受けることができるので、とにかく低金利のカードローンを探している方におすすめです。

プロミス「貸金業法に基づくおまとめローン」

金利 4.5%~17.8%
限度額 500万円
申し込み方法
  • ネット
  • 自動契約機
  • 電話
  • 郵送
総量規制 例外

プロミスでは自動契約機から、貸金業法に基づくおまとめローンに申し込むことができます。最短で即日融資を受けることもできるので、急いで借り換え・おまとめをしたい方におすすめです。

まとめ

総量規制を知っている方の多くは、年収の1/3以上は絶対に借りることができないと思い込んでいます。

しかし総量規制にも例外や除外が認められており、銀行カードローンであれば総量規制に関係なく融資を受けることができるのです。

おまとめや借り換えをすれば、毎月の利息をかなり楽にすることができます。

借金の返済が苦しくなってきたと感じる方は、ぜひ総量規制対象外のおまとめローンを活用してみてください。