おまとめローンの審査は年収いくらあれば通る?

おまとめローンは借入額も高くなるので、審査では収入が重要視されます。

しかし金融機関の審査基準は公表されていないので、具体的に年収がいくらあればいいのか分からない方も多いでしょう。

そこでこの記事では借入額ごとに必要になる年収を解説していきます。

おまとめローンの審査は様々な要素によって合否が決まるのであくまで目安にしかなりませんが、大体のイメージを掴んでおきたい方はぜひ参考にしてみてください。

まずは50万円のおまとめローンで必要になる年収を詳しく解説し、金融機関ごとに異なる審査基準を説明していきます。

50万円のおまとめローンで必要な年収は?

消費者金融から借りる場合

消費者金融の通常のカードローンを利用する場合、総量規制によって借入残高が年収の1/3を超える融資が禁じられています。

50万円の借金を借り換える際には、50万円の借金を抱える状態から追加で50万円借りなければならないので、一時的に借入総額は100万円になります。

そのため年収は最低でも300万円必要となってしまいます。

もちろんこれは最低限必要な年収なので、何か問題があれば必要となる年収はさらに高くなります。

パート・アルバイトの方は、消費者金融の通常のカードローンで借り換えるのは難しそうです。

おまとめローン専用商品の場合

消費者金融のおまとめローン専用商品の場合、総量規制の例外として年収の1/3以上の貸し付けが認められているので、必要な年収ももう少し低くなります。

またおまとめローン専用商品では他社借り入れがあっても、融資後には返済されると分かっているので、50万円の融資として審査を受けることができます。

そのため年収が150万円程度あれば十分審査に通る可能性はあります。

アルバイトやパートの方でも審査に通る見込みはあるので、返済に困ったときにはおすすめです。

銀行カードローンから借りる場合

銀行カードローンには総量規制がないため、年収だけでなく純粋な返済能力が審査基準となります。

そのため年収が低かったとしても、他の項目で評価が高ければ融資を受けることができます。

年収が200万円程度あれば、他社から借り入れがあったとしても融資を受けることができるでしょう。

しかし返済を延滞したことがあるなど問題があれば、もっと必要な年収は高くなります。

また銀行カードローンに申し込む際には、おまとめ目的であることをしっかり伝えることが大切です。

借入額別!おまとめローンの審査に通るために必要な年収

ここからは借入額別に、おまとめローンの審査に通るために必要となる年収の早見表をご紹介します。

借入額 消費者金融 おまとめ専用 銀行カードローン
50万円 300万円 150万円 200万円
100万円 600万円 300万円 350万円
150万円 900万円 400万円 450万円
200万円 1200万円 500万円 500万円
300万円 1800万円 600万円 700万円
400万円 2400万円 800万円 800万円
500万円 3000万円 1000万円 900万円
1000万円 1200万円

このように消費者金融では総量規制があるため、借り入れ額が増えていけばおまとめはほぼ不可能となります。

また消費者金融のおまとめローン商品は年収が低くて済みますが、金利が高く限度額も低いため、高額の借り換えには向いていません。

数百万円単位の借り換えが必要な方は、銀行カードローン一択であることが分かります。

ただし融資額が大きくなると審査基準も厳しくなるので、審査に落ちる確率も高くなっていきます。

審査に通るか不安という方は、当サイト内にあるこちらの記事を参考にして、審査の対策を練っておきましょう。

おまとめローンの審査に通る12のコツ

おまとめローンの審査では収入の安定性が大切

おまとめローンは複数の債務を一本化するため、返済は長期化します。

そのためおまとめローンの審査では年間の収入の高さよりも、今後収入が安定しているかどうかが重要視されます。

たとえ年収が少なかったとしても、勤続年数が長かったり、勤務先の業績が安定していれば高額融資を受けることも可能です。

公務員など銀行であれば年収以上の融資を受けられることもあります。

逆に自営業や個人事業主の方は、将来的な収入が不安定なので、いくら年収が高くても審査は不利になってしまいます。

おまとめローンでいくら借りられるか考える際には、自分を客観的に見ていくらまでなら返済できそうか、冷静に見つけなおすことが大切です。

またこれ以上自分では借りられないと感じた方は、早めに債務整理などの手続きを行うことをおすすめします。

債務整理を行うと一定期間金融機関を利用できなくなってしまうので、早めに行っておいた方がいいのです。

債務整理に関しては当サイトのこちらの記事で解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

おまとめローンと債務整理はどっちがお得?