そもそもおまとめローンって何のためにあるものなの?

金融業者やインターネット広告でよく見かけるおまとめという言葉、これが一体どんなものであるのかご存知ない方もいるでしょう。
おまとめローンは、一か所だけではなく複数の金融業からキャッシングして作ってしまった借金を一括にするものです。複数ある借金額を一本化することが可能なので、金利の重複支払いをカット出来ますし返済日も月に一度になります。借金をいくつも抱えていますと金利や返済日も異なりますので、返済管理が大変になり延滞してしまう事に繋がってしまいます。そこで一本化してしまって返済の負担を少しでも軽減し、支払いを行なうという方が増えているのです。おまとめローンを組む時は、返済時の負担などを考慮して利息の低い業者へ申し込むのがベストです。


おまとめローンに最適な業者とは

借金を複数の金融会社からしてしまっている方は、ぜひ一本化にしてしまって返済していくようにしてはいかが。
利息の低い業者へおまとめローンを申し込むのがベストだと言いましたが、どのような業者が望ましいのでしょうか。自分が信頼できる業者を選ぶ事が一番、しかし低金利の業者となればやはり銀行で手続きすることが望ましいと言えます。個人により考え方が異なりますので、必ずしも銀行でなければいけないという事ではありません。
銀行がオススメだという理由は低金利だからというだけではないのです。消費者金融よりも融資額が高くなっているため、おまとめローンを組むには最適だと言えます。
また、一人で全て決めるのではなく担当者が相談に乗ってくれますから、自分に合った返済計画を立てることも可能です。どの程度借金を抱えているのかという部分は異なりますが、融資額が大きければ安心して手続きを行なえるのではないでしょうか。


審査について注意すべきこと

一本化にするためには手続きを行なって、自分の情報についてチェックしてもらいます。
おまとめローンの審査で重視されるのは、年収と勤続年数そして過去の返済ステータス、借入件数です。勤続年数が1年未満の場合まだ収入が安定していると判断するには年数が足りないため、審査では不利になってしまいます。最低でも3年は欲しいところですが、1年以上であれば審査で確認されても問題ないと判断してもらえるでしょう。
過去の返済ステータスは、公共料金等の支払いやカードローンの返済などの事で何度も延滞・遅延を繰り返している方は通ることが厳しいと考えた方が良いです。おまとめローンは長期にわたって返済していかなければなりませんから、しっかり返済日を守れる方でなければ不利です。
そして、忘れてはいけない重要な項目であるのが借入件数。抱えているすべての借金を一本化にすることは難しく、多くても3件までと決めている業者がほとんどです。3件以上抱えている方の場合は、そちらの返済を済ませましょう。