おまとめローンは労働金庫がねらい目

複数の金融機関からの借り入れはとても大変です。支払日の管理だけではなく、利息も一社の借り入れと比較すると、多く払うことになります。
借り入れ先を一社にまとめて少しでも利息を抑えるために、おまとめローンを考える人も多くいるはずです。確かにそれはとても効果的な方法です。しかし、おまとめローンは普通のローン審査と比べると比較的厳しいです。
審査が厳しい金融機関ではおまとめローンを利用することが出来ないと考えている方には、労働金庫がおすすめです。労働金庫のおまとめローンは低金利で、審査も銀行と比較すると緩いです。


おまとめローンは労働金庫

まず労働金庫についてよく知らない方もいるかもしれません。そもそも労働金庫とは、いろいろな労働者たちがお金を出し合って設立した金融機関の事を言います。労働金庫は「ろうきん」と呼ばれ、街中で一度は見たことがあるのではないでしょうか。
この労働金庫は全国各地にあり、商品もサービスも銀行と何も変わりはありません。
労金のおまとめローンは「労金おまとめローン」が有名です。実際にこのローンを利用して借金を一本化して、支払い利息を抑えた人も大勢います。


労働金庫のローン

労働金庫は銀行と同じカテゴリーになるので、もちろん総量規制の対象外になります。しかし審査は、銀行と比較すると、比較的緩いです。それは労働金庫と銀行の事業目的にあります。銀行は株式会社で、株主に利益を還元しなければならないので、どうしても利益追求型経営をしなければなりません。そうなると、なるべく不良債権を抱えたくないので審査は厳しくなってしまいます。
一方で労働金庫は、会員の生活を支えることを目的に営業しているので、そこまで利益にこだわる必要がありません。さらに、労働金庫は会員の種類によっては銀行よりも低金利でローンを組むことが出来ます。低金利でさらに審査が緩い。こうした理由からも、労働金庫のおまとめローンを利用しない手はありません。
労働金庫のローンを利用するには、しなければならないことが二つあります。一つは他の金融機関と同じように審査を受けることです。もう一つは労働金庫の会員になることです。この会員にならないと、そもそも労働金庫を利用することが出来ません。会員になる条件は、その労働金庫の営業区域に行って申請しなければなりません。そして申請すると晴れて会員になることが出来ます。


労働金庫の審査

労働金庫の審査を突破するポイントを二つ紹介します。
○実績を作っておく
労働金庫は会員になって一度も利用がない人には、おまとめの審査は厳しいと言われています。まず、おまとめを利用しようと思ったら、あらかじめ実績を作っていることが審査突破のポイントになります。
○誠意を見せる
労働金庫は多重債務の相談も受け付けています。つまり担当者にどのくらい誠意を見せることが出来るのかが大きなポイントになってきます。この誠意とは担当者に「自分はどうしても労働金庫の力が必要だ」、「必ず返済する」というアピールをすることです。
このアピールが審査を通貨するうえで一番大事なのです。他にも何度も足を運んでみたりめいっぱい自分の気持ちを伝えましょう。
しかし少しで自分をよく見せようと、偽りの情報を書くとすぐにばれて、二度と利用できなくなるので注意しましょう。