おまとめローンを組む際の注意点とは

あちこちから借入をしていて現在借金額が多額になってしまっている方は、一本化にしようと考えているのではないでしょうか?
確かにおまとめローンに申し込んで少しでも返済の負担を軽減させたい気持ちはわかりますが、その前にはいくつか注意点が。
今では貸金業法改正で金利が高くても20%までとなっていますが、以前まではグレーゾーン金利で高金利でした。
グレーゾーン金利が廃止される前に消費者金融を利用していた方は、多く利息を支払い過ぎていないかどこから確認してみましょう。
もし、多く利息を支払い過ぎている方は現在抱えている借金額を減らすことが出来るかもしれませんので、速やかに確認をして過払いがある場合はすぐ計算し直して手続きを行う必要があります。
おまとめローンを組んでから過払い金の計算をするのも良いのですが、先に片付けてしまった方が良いので優先して下さい。
計算の仕方はサイトにも多く掲載されていますが分からない場合は、専門家に相談するのが良さそうです。


おまとめローンの審査に通るには3件まで!

無事一本化にするためには、借入件数を3件までにしておくことが重要なカギになります。
あまりにも借入件数が多くなってしまいますと、返済に対するリスクもそれに伴って大きくなりますので、おまとめローンの審査には不利になることが多い傾向にあります。
出来る事であれば先に借入件数を減らしてしまった方が良いですので、少しずつでも良いので減らしていきましょう。
また、おまとめローンは少額であっても利用出来ますからまとめてしまった方が良い方は遠慮なくまとめて大丈夫ですが、少額で借入件数が多すぎる方も審査には通れないのでやはり減らす必要があります。
心配な方は一度自分の条件を伝えてアドバイスをもらうとか、仮審査で確認してみることをお勧め致します。


返済期間にも注意が必要

金利の低い場所を見つけて一本化すれば、その分総返済額が減少して毎月の負担も減らすことが出来ます。
おまとめローンは多重債務者の味方だと言えますが、気を付けてほしいのが返済期間についてなのです。
低金利で毎月の返済額が減ったからゆっくり返済していこう、そんな風に考えて返済期間を伸ばしてしまうと金利がその分かかることになり、場合によっては返済額を増やすことになってしまいます。
ですから、おまとめローンを組む前には必ず返済シミュレーションを行ない、返済期間をしっかり決めることが大事なのです。
無理せず返済していくことが望ましいのですが、場合によっては返済額を増やしてしまう事もあるため、必ず何度かチェックしてから申し込むようにしていただけましたら幸いです。