審査に必ず通るために店頭で申し込む

おまとめローンを利用して今の自分の借入を整理整頓したいとお考えの方や、一度おまとめの審査に落ちてしまい、自分のどこがいけなかったのかと悩んでいる方へ。そんな状況を打破しおまとめによるローンの整理と、返済額の整頓が出来るように意識して頂きたい審査に通るための条件についてご紹介致します。

まずは現在の借入状況をみっちり把握するところから始め、その後どのおまとめ先が良いのか吟味して申し込みをすることが大切です。


自分の借入状況を分解して把握する

自分の借入状況なんて借入総額と月々の返済額だけで充分だろうと言う方もいらっしゃいますが、実はそれだけではおまとめローンの審査に立ち向かえないということをご存知でしょうか。借入状況と言うのは金額の状態だけではなく、過去にどのような金融商品を利用したことがあるのか・その際にどのように返済を行っていたのかという部分までかかってきます。おまとめをするにあたり、その部分をきちんと明確にしておかなければ審査に通ることは出来ません。

【申し込みの際に対応すべきポイントについて】
・以前借入をしたことがあるなら正直に言うこと
・滞納した経験があるならより一層言うこと
・必ず1つの金融機関に絞って申し込みを行うこと

以前に借入を行ったことがあるのであれば必ず審査前にハッキリと伝えましょう。借入をした経験を黙っていると、信用情報との照らし合わせの際にこの人は自分から申し出をしなかったので、もしかしたら疚しいことがあるのかもしれない、と思われる可能性があります。更に借入の際に滞納をした経験を持っているという方はよりハッキリと、面と向かってしっかり伝えなければなりません。ここで一つポイントとして、滞納していた経験のある方はインターネット上での申し込みではなく、店頭で顔を見て申し込みをすることをおすすめします。


審査時には顔を見つつ責任能力をアピール

おまとめの申し込みをする際に何故店頭が好ましいのか、それはやはり責任感や返済能力をアピールすることが出来るという点にあります。インターネット上で申し込みを行うと機械が自動的に判別し、信用情報にて引っかかった方を人の手で振り分けることになります。しかし即日おまとめ可能のサービスを展開している金融機関にて店頭で申し込みを行うと、人の手でそのまま処理をしてくれることになります。滞納をした時の状況も細かく説明することが出来るので、機械相手よりも審査に通りやすくなるという訳です。

ですがここで気をつけて頂きたいのは、その審査に通って無事におまとめを利用出来るようになったとしても、その責任感と返済の意思をきちんと持ち続けて完済を目指して頂きたいということです。途中で投げ出さずに完済するためにも、インターネット上ではなく店頭で申し込みを行うようにしましょう。