借金を複数しているならおまとめローンに頼るしかない!

金銭的に困ってしまって気が付いたら一か所だけではなく複数から借金してしまっていた!なんていう方もいるのでは?
近年では即日融資が受けられるようになったことで便利になり、借り過ぎて返済を後回しにしてしまっている方が多くなっているとの事。
しかし、今まで自分が使ってきた金額なので必ず全て返済しなければなりませんが、それが厳しいと考えている方もまた多い様子。
そんな時すぐ自己破産を考えてしまう方が居るみたいですが、その前におまとめローンを組んで少しでも完済してみませんか?
おまとめは3~4件の金融機関を一本化することが可能なので、返済日や利息も一つにまとめられるようになっているため、返済する際の負担も少し減り小さなものとなります。
ただし、全ての借入件数をまとめられるというわけではありませんから、借入件数が4件以上ある方は事前にいくつか減らしておかなければ審査落ちしてしまう可能性が高いと言えます。


おまとめローンの審査で重要な項目は?

申し込みをしたら自分の情報について色々チェックされることになりますが、一体どの項目が重視されているのでしょうか。
これはその機関により若干異なってくるものなのですが、おまとめローンの審査で最も重視されるのは借入件数と勤続年数の二つだと言われているのです。
借入件数は4件までが望ましいと言われており、それ以上抱えている方は審査に通ることが難しいので気を付けていただきたいのです。
例えば5件借入件数がありその全てが少額だったとしてもアウトなので、数を減らしていただく必要があります。
また、勤続年数を確認するのは今後年月をかけて返済してもらわなければならないため、安定した収入があるという部分を必須項目にしているためです。
勤続年数が長く安定している方はそれだけ年収も安定していることになりますから、おまとめローンの審査では無事通れるでしょう。


返済期間について考える

おまとめを組むこと自体が返済を先延ばしにしていることになりますので、できれば返済期間を短くしましょう。
低金利の場所へ申し込むことにより借金額が減り勘違いしてしまいがちみたいですが、返済日を延ばしてしまうと利息も発生しますのでおまとめローンを組む前と同じ金額になってしまうというパターンも。
一本化することが出来ましたら無理なく返済していける範囲内で短めにすることをおすすめ致します。
時には繰上げて返済したり多めに返済したりして、返済期間を縮めていくという方法も効率的で良いかと思います。
一人で考えても解答が得られない時は、スタッフにおまとめローンのことを相談して返済期間を決めるようにしてみてはいかがでしょうか?