おまとめローンの審査で嘘をついたらどうなるの?

おまとめローンの申し込みで嘘をつくと、審査に落ちるだけでなくブラックリストに登録されるので注意しましょう。

他の金融機関の審査にも通らなくなってしまうので、申し込みでは絶対に嘘をついてはいけません。

この記事ではおまとめローンの審査で嘘をつくとどうなるのか解説します。

まずはなぜ嘘がばれてしまうのか、審査システムから説明していきます。

おまとめローンの審査で嘘をつくとなぜばれる?

おまとめローンの審査は申し込み情報だけでなく、信用情報の確認や勤務先や本人への電話確認。そして身分証明書や収入証明書の確認も行われます。

そのため申し込み時に嘘をついたとしても、他の審査で嘘はばれてしまうのです。

たとえば信用情報には過去に金融機関を利用した際の申し込み情報も記録されています。

そのため前回の利用時から急に年収が上がったり、勤務先が変わっていたりすると、不審に思われて入念にチェックされることになります。

年収で嘘をついたとしても、収入証明書の提出が求められてしまえば一巻の終わりです。

このように金融機関の審査では、万が一嘘をつかれても分かるように万全の対策が練られているので、素人が嘘を突き通そうとするのは無謀なのです。

信用情報とは?

信用情報とは信用情報機関を通して、各金融機関が共有している顧客の情報です。

申し込みがあったときのみ情報開示が認められており、過去に利用した金融機関の記録が保存されています。

信用情報に保管されている記録は主に以下の通りです。

  • 現在利用している金融機関
  • 現時点での借入総額
  • 氏名や住所など個人を特定する情報
  • 収入や勤務先などの返済能力に関する情報
  • 過去に利用した金融機関での返済記録
  • 金融事故の有無

信用情報を見れば、その人がこれまでどんな金融機関を利用してきたか、どのように返済してきたか一目で分かるようになっています。

過去の申し込み情報から変化があれば、必ずしつこくチェックされるので嘘を隠し続けるのは至難の業です。

在籍確認と本人確認の電話では何を訊かれる?

おまとめローンの場合、現在勤務している会社への在籍確認と本人確認の電話があります。

在籍確認の電話では周囲の人に借金があるとばれないように配慮してくれますが、必ず在籍しているかどうかの確認だけは行われます。

そのため勤務先で嘘をついたとしても、必ずばれてしまうのでやめましょう。

おまとめローンの申し込みでの嘘がばれるとどうなるの?

おまとめローンの申し込みで嘘がばれてしまった場合、審査に落とされてしまうだけではありません。

他の金融機関も被害に遭わないように、信用情報へと虚偽に申し込みをしたと記録が残されてしまうのです。

そのためブラックリストとして、今後あらゆる金融機関の審査には通らなくなってしまいます。

一度ブラックリストに登録されてしまうと、5年~10年間は記録が残ってしまうので、今後の人生にも大きな影響を及ぼします。

軽い気持ちで申し込み時に嘘をつくのは絶対にやめておきましょう。

ブラックリストとは?

ブラックリストに登録されるとは、信用情報に事故情報が記録された状態のことを指します。

一般的に返済を2カ月以上延滞したり、債務整理をしたりすると、正しく返済されなかった金融事故として、ブラックリストに登録されます。

しかし申し込み時に嘘をついたり、利用規約に違反する行為が発覚したりした場合でも、信用情報には事故情報が登録されるので要注意です。

他人になりすまして逮捕されたケースもある

実際に拾った保険証を自動契約機で使って、他人のふりをしてカードローンに申し込んだ人が、その場で逮捕されたケースもあります。

金融機関の審査を担当する人たちは、人を見る仕事のプロです。少しでも不審な動きがあればすぐに怪しまれてしまいます。

たとえば在籍確認に対して異様に拒絶をしたり、提出した書類に不備があったりすると、追求されることになるので普通に申し込む時にも注意しましょう。

嘘をついてばれることが多い申し込み項目

  • 他社借入金額
  • 勤続年数
  • 年収
  • 住所
  • 利用目的

上記の項目はつい嘘をついてしまい、ばれてしまうケースが多い項目です。

とくにおまとめローンに申し込むときには、審査を有利にしたいからつい他社借り入れ金額を少なく記入したくなります。

しかし金融機関では信用情報で他社の利用状況は正確に把握することができるので、正直に記入するようにしましょう。

また引っ越しばかりで住所変更をしていない方などは、つい申し込み情報と提出書類の住所が違うというミスをしがちです。

悪意がなければ虚偽の申請をしたと判断されることはありませんが、担当者からの心証は悪くなるので注意しましょう。

嘘をつかなければおまとめローンの審査に通らない人は?

嘘をつかなければおまとめローンの審査に通らないという方は、おまとめローン以外で借金をどうにかする方法を考えることをおすすめします。

借金が膨らみすぎて今の収入では返済できないという方は、思い切って債務整理をすることをおすすめします。

債務整理をすれば今後の利息や借金を大幅に減らすことができるので、返済はかなり楽になります。

また収入がなくて生活が出来ないという方は、生活保護など行政の支援を受けることをおすすめします。

返済できない状態で借金をしても事態を悪化させるだけなので、嘘をついてまでお金を借りるのだけはやめましょう。