過払い金の返還請求とは?過去にキャッシングを利用した方は要確認!

過払い金の返還請求とは、法定金利を超えて支払った利息を、借り入れ先は返還してもらう債務整理です。

キャッシング業界では、2010年以前に違法であるグレーゾーン金利が横行しており、総額で10兆円もの過払い金が発生していました。

過去にキャッシングを利用したことがある方は、過払い金が発生していないか確認することをおすすめします。

しかし返済中に過払い金返還請求を行うと、信用情報に傷がつくので注意しましょう。

この記事では過払い金とは何なのか、返還請求する際の注意点など解説しています。

過払い金とは2010年以前のキャッシングで横行していた違法な利息です

2010年に貸金業法が改正される以前は、グレーゾーン金利と呼ばれる違法金利が横行していました。

当時はキャッシングの法定金利を定める法律が二つあり、違法であるのに罰則がないというグレーゾーン金利が存在していたのです。(グレーゾーン金利は次の章で詳しく解説します)

しかし貸金業法が改正されグレーゾーン金利は撤廃、さらに改正前に行われた違法な利息分に対して返還請求も認められることに。

その後は大手消費者金融には過払い金の返還請求が立て込み、当時最大手であった武富士が倒産までに追い込まれることになりました。

現在でも過払い金の返還請求は続いており、金融機関を苦しめる悩みの種となっています。

どうしてグレーゾーン金利は生まれたの?

2010年に貸金業法が改正される以前は、「利息制限法」と「出資法」の2つの法律で法定金利が定められていました。

利息制限法では法定金利の上限は20.0%となっていましたが、違反した際の罰則は用意されていませんでした。

一方、出資法では違反した場合に罰則が設けられていましたが、法定金利は29.2%と設定されていました。

その結果、利息制限法で定める上限の20.0%と、出資法が定める上限の29.2%の間は、違法であるけれど罰則のないグレーゾーンの金利となってしまったのです。

そして当時の貸金業者の多くは、このグレーゾーン金利内で貸し付けを行っていました。

その後、消費者金融からの借金によって多重債務者や破産者が続出し、サラ金問題は一つの社会問題にまで発展しました。

こうして貸金業法が改正されることになり、過去の貸し付けに対しても過払い金の返還が認められるようになったのでした。

過払い金返還請求を行う際の注意点

ここからは過払い金の返還請求を行う際の注意点を解説します。

時効は完済してから10年なので手続きはお早めに!

過払い金の返還請求は完済してから10年間が時効と決まっています。

10年経ってしまうと過払い金の請求はできなくなるので、過去にキャッシングを利用していた方は、早めに調べてみることをおすすめします。

また時効は完済してからカウントされるので、2010年以前からキャッシングを利用している方は、過払い金が発生する可能性が高いです。

返済中に返還請求すると信用情報に記録が残る

現在キャッシングを利用していて、過払い金の返還を請求すると、信用情報に事故情報が記録されてしまいます。

利用中に過払い金を請求するということは、契約通りに返済できなかったとみなされるからです。

そのためあと少しで返済できそうなのであれば、完済してから過払い金の返還請求を行うことをおすすめします。

過払い金が全額返還されるわけではない

しかし過払い金の返還請求を行っても、全額返還されるわけではありません。

一般的に業者との交渉で返還請求を行った場合、実際に返還されるのは6~8割程度であることが多いです。

どうしても全額返還してもらいたいのであれば、裁判まで持ち込むしかありません。

金融機関としても、全員に過払い金を全額返還していると経営は成り立たなくなります。

そのため早期に解決したいのであれば、一部は見逃してくれと交渉するのです。

仮に裁判まで持ち込んだ場合、判決が出るまで半年~1年程度時間がかかってしまいます。

そのため多くのケースでは、6~8割程度の返還で終わらせることが多いようです。

過払い金の返還請求するにはまず弁護士へ相談を!

過払い金の返還請求を行うには、弁護士へ相談するようにしましょう。

返還請求には金融機関との交渉が必要なので、法的知識をもった専門家に依頼するのが一番確実です。

弁護士に依頼したあとは、実際に過払い金が発生しているかどうか、当時の明細書や契約書を確認して計算を行います。

当時の書類なんて捨ててしまったという方でもご安心ください。

キャッシングの利用記録は貸金業者へ申請して、情報開示請求を行うことができます。

しかし金融機関側も情報開示にはすぐ対応してくれなません。手続きには時間がかかってしまうのでご注意ください。

過払い金が発生していることが確認できれば、あとは弁護士に交渉を任せましょう。

業者との交渉だけで終われば、依頼から3カ月~半年、裁判まで発展すれば半年~1年で過払い金は返ってきます。

まとめ

2010年以前の消費者金融から融資を受けていた方は、過払い金が発生している可能性が高いので、一度確認してみることをおすすめします。

過払い金の返還請求には10年の時効が設けられているので、心当たりのある方は早めに対応しなければなりません。

過払い金は本来支払う義務のなかった利息なので、なるべく取り戻すようにしましょう。