債務整理とは?【任意整理・個人再生・自己破産】

債務整理とは返済の取り立てをストップし、利息や債務の軽減を行う手続きです。

一般的に弁護士や司法書士に依頼をして、借り入れ先の金融機関と交渉(任意整理)、また裁判所で法的手続きを行います。(民事再生・自己破産)

借金の返済が難しくなったときには、債務整理をすることで早期に生活を立て直すことができますが、信用情報に事故情報が記録されるなどデメリットもあるので要注意です。

この記事では債務整理とは何なのか、メリットとデメリットを合わせて解説していきます。

債務整理は任意整理・民事再生・自己破産の3種類

債務整理は任意整理・民事再生・自己破産と3種類に分かれており、それぞれ内容が異なります。

たとえば任意整理では今後の利息をカットしますが、民事再生では債務自体を大幅に減らすことができます。

しかし任意整理では事故情報が登録されるだけですが、民事再生では官報に氏名が記載されるデメリットもあります。

このように債務整理の種類によってメリットもデメリットも異なるので、あなたの債務状況に合わせて適したものを選ぶことが大切なのです。

ここからは各債務整理の内容とメリット・デメリットを解説していきます。

任意整理

任意整理とは借り入れ先の金融機関と交渉して、今後の利息をカットし、返済計画を改める債務整理です。

最も多く行われている債務整理で、裁判所を通さずに手続きできるので、手軽に済ませることができます。

また弁護士に依頼すれば、金融機関とのやり取りや交渉もすべて行ってもらえるので、依頼者が直接交渉することはありません。

任意整理のメリット

  • 利息制限法内で金利の見直しが行われる
  • 将来発生する利息をカットできる
  • 毎月の返済額を見直すことができる

任意整理を行うと、まず利息制限法の範囲内で金利の見直しが行われます。

貸金業法の改正(2010)以前に融資を受けていた方であれば、過払い金が発生している可能性が高く、超過した分の返済額は元金から差し引かれます。

しかし2010年以降はグレーゾーン金利も撤廃されているので、過払い金が発生している可能性は低いでしょう。

その後は弁護士と貸金業者との和解交渉が始まり、将来発生する利息と遅延損害金がカットされます。

そして残った元金を分割して、大体3年以内に完済できるように返済計画の見直しが行われるのが基本的な流れです。

また複数の債務を抱えている方は、任意整理をする借り入れ先を選択することもできます。

金利の高い消費者金融は任意整理をして、銀行から借りているローンはそのまま返済するといったことも可能なのです。

任意整理のデメリット

  • 元金自体は返済しなくてはならない
  • 信用情報に事故情報が登録される
  • 任意整理をした金融機関を利用できなくなる

任意整理は利息をカットできますが、債務自体が減るわけではないので、元金は返済しなくてはいけません。

そのため今後3年間で完済できるような状況の方でなければ、任意整理を利用することはできません。

また任意整理を行うと信用情報に事故情報が記録されます。

金融機関からすれば契約通りに返済されなかったため、金融事故として捉えられてしまうのです。

信用情報は金融機関同士で共有されているので、任意整理をした事実が記録されている限りは、他の金融機関から融資を受けるのは難しくなります。

任意整理を行ったあとは、最低でも5年間はカードローンやクレジットカードは利用できないと考えておきましょう。

また信用情報から事故情報が消えたとしても、任意整理を行った金融機関のデータベースには記録が残されるので、今後は利用できなくなります。

消費者金融などの借金は任意整理をしてもいいですが、クレジットカードなどはなるべく自力で返済した方がいいでしょう。

民事再生

民事再生とは債務を大幅に削減して、3年以内に返済できるようにする債務整理です。

その中でも個人を対象とした民事再生を個人再生と呼びます。

債務自体を減額する債務整理は、民事再生と自己破産がありますが、民事再生であれば家や車などの財産が没収されないというメリットがあります。

民事再生のメリット

  • 債務を1/5まで減らすことができる
  • 住宅などの財産を維持できる

民事再生を行えれば債務を最大1/5まで減らすことができます。

現時点では借金の返済が難しいという方でも、元金が1/5まで減れば何とか返済できる方も多いでしょう。

また民事再生を行ったとしても、家や車などの財産が没収されることはありません。

これまで通りの生活を維持しながら返済を続けることができるので、手遅れになる前に民事再生を検討することをおすすめします。

民事再生のデメリット

  • 残りの債務は返済しなければならない
  • 信用情報に事故情報が記録される
  • 官報に氏名や住所が記載される

民事再生は借金を大幅に減らすことができますが、残った元金は返済しなければなりません。

そのため一定の返済能力がなければ利用できないのでご注意ください。収入がなく返済が不可能という方は自己破産をおすすめします。

ただし民事再生を行うと、信用情報に事実が記録されます。

民事再生は個人再生よりも保存期間が長く、最長10年は信用情報が記録されてしまうので、今後10年間ローンを組むことができなくなります。

今後の人生にも大きく左右することなので、慎重に検討するようにしましょう。

また民事再生を行うと、国が発行する官報という機関紙に、氏名や住所が記載されてしまいます。

第三者に民事再生を行ったことがばれる可能性もあることを頭に入れておきましょう。

自己破産

自己破産は裁判所に破産申し立てを行い、返済義務を免除してもらう債務整理です。

自己破産を行うとすべての返済義務から免責となりますが、家や車などの財産はすべて没収され、返済に充てられます。

その他特定の職業に就けなくなるなどデメリットは大きので、支払い不能状態になった方の最終手段といえます。

自己破産のメリット

  • 債務の返済義務が免責される

自己破産をするメリットは、手続きが終われば借金から解放されることです。

収入はすべて自分で使えるようになり、貸金業者からの取り立てに頭を悩ませることもなくなります。

最長10年間ローンを組むことはできなくなりますが、貯金もできるようになり、新しい生活をスタートさせることができるのです。

支払い不能になって返済が不可能になった方は、手遅れになる前に自己破産を検討しましょう。

自己破産のデメリット

  • 家・車などの財産が没収される
  • 一定期間特定の職業に就けなくなる
  • 官報に氏名と住所が記載される

自己破産を行うと、現在保有している財産はすべて没収されてしまいます。

生活に必要最低限の家具と、現金であれば99万円までしか残らないので、新しい生活の準備をしておくことも大切です。

また自己破産の手続きを行っている期間は、以下の職業に就くことはできません。

  • 弁護士
  • 税理士などの士業
  • 警備員
  • 生命保険の募集人
  • 宅地建物取引士など

該当する職業に就いている方は、新しい就職先も探しておく必要があります。

加えて民事再生と同様に、自己破産を行えば官報に氏名と住所が記載されるのもデメリットです。

人によって最適の債務整理は異なります

ということで、今回は債務整理の内容とメリット・デメリットを解説していきました。

現状のままでは借金の返済ができないのであれば、債務整理を検討しておくことをおすすめします。

しかし債務整理にはデメリットもあるので、できることなら避けたいものです。

現時点で収入があり返済能力があるという方は、債務整理ではなくおまとめローンを検討した方がいいかもしれません。

おまとめローンとは現在抱えている借金を一つの金融機関へまとめて、利息を下げて返済を楽にする金融サービスです。

当サイトではおまとめローンについて詳しく解説しているので、返済が苦しくなってきた方は、まずはおまとめローンで対応できないか考えてみましょう。

おまとめローンと債務整理どちらを使った方がいいか、こちらの記事で解説しています。
おまとめローンと債務整理はどっちがお得?

またおまとめローンについて詳しく知りたい方は、当サイトのTOPページを参考にしてください。
おまとめローン比較ラボ