楽天銀行「不動産担保ローン」

金利 年3.69%~年9.59%※2017年4月時点
限度額 100万円~3000万円
遅延損害金 12.9%
担保・保証人 必要
総量規制 対象外
返済日 1日・12日・20日・27日
返済方法 指定口座から自動引き落とし

楽天銀行「不動産担保ローン」の審査の流れ

  1. 仮申し込み
  2. 事前審査
  3. 事前審査結果を連絡
  4. 本申し込み
  5. 本審査
  6. 契約
  7. 融資実行

楽天銀行の不動産担保ローンへ申し込むには、仮申し込みを行って事前審査を受ける必要があります。

ここからは審査の流れをもう少し詳しく解説していきます。

事前審査は最短翌営業日に完了

楽天銀行の不動産担保ローンは、楽天銀行の公式サイトから申し込みできます。

申し込みでは氏名や住所などを入力して、現在の借り入れ状況や担保物件の情報を入力します。

その他勤務先や年収などの収入に関わる情報を入力して、ネット申し込みは完了です。

仮申し込みが終わればすぐに事前審査が行われ、最短翌営業日には審査結果の連絡があります。

本審査は最短5営業日かかる

事前審査が終われば楽天銀行から書類が郵送されるので、必要事項を入力して返送すれば本申し込みができます。

本審査には最短で5営業日で終わりますが、担保にする不動産の規模が大きい場合や、遠方の不動産を担保にする場合、査定にはさらに時間がかかる可能性があります。

また本申し込みの際には以下の書類が必要になるので、もれなく送るようにしましょう。

  • 不動産担保ローン借入申し込み書
  • 本人確認書類
  • 収入証明書類
  • 担保関係書類

物件によっては申し込みから融資まで1カ月かかることも

担保にする物件によっては、仮申し込みから融資まで3週間から1カ月程度かかってしまうこともあります。

不動産担保ローンでは貸付金額も高額になるので、審査も慎重に行われるからです。

また本審査が終わったあとも、郵送された契約書を返送しなければならないので、急いでいる方はすぐ対応できるようにしましょう。

契約書が楽天銀行へと届いたあとは、指定の口座へと振り込み融資が行われます。

融資が行われると同時に抵当権設定登記が行われ、正式に楽天銀行が抵当権を所有することになります。

返済しなければ担保にした不動産は抵当にかけられてしまうので、無茶な融資は受けないようにしましょう。

楽天銀行「不動産担保ローン」はおまとめ審査に通りやすい?

楽天銀行の不動産担保ローンは、複数の金融機関から借り入れがある状態でも融資を受けることができます。

最大3000万円まで借り入れ可能なので、通常のおまとめローンでは間に合わないという方におすすめです。

ただし審査は保証会社であるセゾンファンデックスが行い、信用情報に問題があれば審査に通るのは難しくなります。

そのため返済が苦しくなったときには、延滞してしまう前におまとめローンを検討するようにしましょう。

また他社からの借り入れであればおまとめ可能ですが、楽天銀行のローンを借り換えることはできないのでご注意ください。

家族の担保提供でも融資OK

楽天銀行の不動産担保ローンでは、本人が所有している不動産でなくても、家族が提供する不動産であれば担保にすることができます。

しかし担保を提供する家族も、連帯保証人にならなければならないので、リスクは高いです。

持ち分で所有している不動産でも担保にできる場合もあるので、一度楽天銀行へ相談してみるといいでしょう。

楽天銀行「不動産担保ローン」をおまとめローンとしておすすめの理由

総量規制対象外で3000万円まで借り入れ可能

楽天銀行の不動産担保ローンは総量規制の対象外です。

そのため年収が低い方でも、担保にできる不動産があれば最大3000万円まで融資を受けることができます。

おまとめローンを活用したいけれど、どこからも借りることができない。

そんな悩みを抱えている方は、一度不動産担保ローンを検討してみてください。

楽天銀行では申し込みだけでなく、融資・返済の相談にも対応しています。

年率3.69%~9.59%と低金利だから利息を大幅に減らせる

楽天銀行の不動産ローンは年率3.69%~9.59%と低金利です。

現在消費者金融から借り入れがある方は、借り換え・おまとめすることで金利を10%近く引き下げることができます。

実際におまとめローンを利用すれば、どれくらい返済が楽になるのか、例を出して解説します。

【3社から400万円の借金をしている場合】

借り入れ状況 毎月の返済額 毎月の利息
A社(消費者金融) 年率15%で100万円借入 3万円 1万2329円
B社(信販系) 年率12%で50万円の借入 1万2000円 4932円
C社(銀行系) 年率10%で250万円の借入 5万円 2万4658円
合計 400万円の借入 9万2000円 4万1919円

【楽天銀行「不動産ローン」でおまとめした場合】

借り入れ状況 毎月の返済額 毎月の利息
楽天銀行 年率15%で100万円借入 4万円 1万2329円

このように楽天銀行の不動産担保ローンへおまとめすることで、毎月の返済を5万円以上楽にすることができ、毎月の利息も3万円近く安く抑えることができます。

年率10%以上の債務がある方は、おまとめローンを検討することをおすすめします。

繰り上げ返済手数料無料だからいつでも返済できる

楽天銀行の不動産担保ローンでは、繰り上げ返済は無料です。

そのためお金に余裕が生まれれば、いつでも追加で返済することができ、早期に返済を終わらせることができます。

他のおまとめローンでは、早期に完済すると別途手数料がかかることもあるので、返済が長期化しやすい傾向にあります。

ボーナスなどまとまった収入がある方は、楽天銀行のように繰り上げ手数料無料のおまとめローンがおすすめです。

楽天銀行「不動産担保ローン」の金利は5年ごとに見直し

楽天銀行の不動産担保ローンは、契約時に設定した金利が5年間固定されます。

また市場金利などを基に、基準の金利は毎月変動しているので、契約するタイミングを計ることも大切です。

ただし基準金利が大幅に変動した場合、契約中でも随時適用金利が変更される可能性があるので、常に金利には気を配っておきましょう。

楽天銀行「不動産担保ローン」の返済方法について

楽天銀行の不動産担保ローンでは、毎月1日・12日・20日・27日から返済日を選ぶことができます。

約定返済は指定口座から自動引き落としを行うので、返済日までに口座にお金を用意しておきましょう。

また毎月の返済額は借入金額ごとに設定されているので、申し込む前にどの程度返済が楽になるのか確認しておきましょう。

借入金額 毎月の返済額
200万円以下 2万円以上
200万円~400万円 4万円以上
400万円~600万円 6万円以上
600万円~800万円 8万円以上
800万円~1000万円 10万円以上
1000万円~1250万円 11万円以上
1250万円~1500万円 13万円以上
1500万円~1750万円 15万円以上
1750万円~2000万円 18万円以上
2000万円~2250万円 20万円以上
2250万円~2500万円 22万円以上
2500万円~3000万円 25万円以上